暮らす・働く

塩尻で「スターターズサロン コラボフェスタ」 女性起業家14人が「輝き応援」

「新しい自分の可能性を見つけてほしい」と集まった女性起業家たち

「新しい自分の可能性を見つけてほしい」と集まった女性起業家たち

  •  

 女性起業家によるイベント「スターターズサロン コラボフェスタ」が10月20日・21日、「市民タイムス塩尻ホール」(塩尻市大門並木町7、TEL 0263- 54-0085)で行われる。

 5年以内に地元で起業した14人の女性が、展示・販売やワークショップ、トークセッションを開催する。パンや菓子、弁当、ドリンクのほか、花、アクセサリー、雑貨、茶道、アロマテラピー、リフレクソロジーなど幅広い分野で、ライフスタイルの提案、女性ならではの働き方や暮らし方などを紹介。トークセッションでは、女性の起業や副業を支援する「ココノチカラ」のももせみどりさんがファシリテーターを務め、起業したきっかけや思いなどを中心に展開する。

[広告]

 主催は、これまでにココノチカラの創業支援講座「スターターズサロン」を卒業した「スターターズ・コミュニティ」の1~6期の有志メンバー。メンバーの一人で、2017年に「菓子工房~enn~」を立ち上げた小澤幸恵さんは「女性が起業するときの『リアル』について知る場にしたい。実際に活動している人の話を聞くことが、『何か始めたい』と思っている人や、『始めたいけど迷っている』という人の後押しになれば」と話す。

 2014年11月から、不定期で「スターターズサロン」を企画。その際に取材していた市民タイムスから、「個性的で輝いている人たちが集う場があることを、より多く人に知ってほしい」と申し出があり、25周年記念事業として開催することになった。

 「メンバーも最初は皆、『私にできるだろうか』『どう進んでいけばいいのか分からない』という迷いや悩みを抱えていた。それを少しずつすっきりさせていったことで今がある」と小澤さん。「徐々にステージを変えていった女性たちのリアルな声を聞きにきてもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。入場無料。