見る・遊ぶ

松本山雅、Jへ-昇格条件の4位以内が確定

J昇格を喜ぶサポーター

J昇格を喜ぶサポーター

  •  

 松本山雅F.C.は12月4日、ホンダロックSCと宮崎県小林市で対戦、0-2で勝利し、J2昇格条件の4位以内が確定した。

800人が集まったパブリックビューイング

 試合は0-0で前半を終了。後半開始早々、FW船山貴之選手がゴールを決めて先制。その後24分にはDF飯田真輝選手が追加点を決め、そのまま0-2で勝利した。

[広告]

 山雅は先月27日、アルウィン(松本市神林)でホンダロックSCに勝利し暫定3位に。当日は勝利した上で、4位・5位のチームの結果次第で4位以内が確定する状況。サポーターの関心も高く、JTB中部松本支店が募集した観戦ツアーには申し込みが殺到。急きょ企画された神林体育館でのパブリックビューイングのチケット800枚は、わずか15分ほどで完売したという。試合前日にはまつもと空港で横断幕への寄せ書きが行われ、宮崎入りするサポーターに「留守番組」サポーターの思いを託した。

 同体育館では、詰めかけたサポーターが食い入るように画面を見つめた。隣接する施設で別のイベントが行われていたため、チャントなどのコールは禁止されたが、選手入場の際には、宮崎で応援するサポーターの声とともに、タオルを掲げて画面の選手を見つめた。パブリックビューイングはWi-Fi回線を使っての中継のため、ボールは見づらい場面や、途中で画像が切れてしまうことも。しかし、現地で応援するサポーターのチャントに合わせて拳を上げたり手拍子したりと心を一つに「one soul」の気持ちで観戦した。

 後半、得点後にはたまらず歓声を上げ、抱き合うサポーターたち。14時20分ごろにチャントが解禁されると、それまでの思いを全てぶつけるかのように会場一体となり、声を合わせて応援を続けた。念願の時を迎えるべく、会場のボルテージはどんどん上がる。終了のホイッスルが鳴ると、声を上げ、涙を流して抱き合う人の姿も多くみられた。勝利の歌や、8月に急逝した松田直樹さんのチャントも。タオルを振り回して歌い、勝利を、悲願のJ昇格を祝った。