松本に初のメードカフェ-スタッフ自らサービス考案、V企画も準備中

松本初となるメード喫茶「Angel」のメードスタッフ。

松本初となるメード喫茶「Angel」のメードスタッフ。

  •  

 松本駅近くのタカナワビル3階に1月17日、メード喫茶「Angel(エンジェル)」(松本市中央1、TEL 0263-34-0545)がオープンした。

 入店時は、店の外のドアホンを押すと、中からメードが「お帰りなさいませ」と出迎える。料金は「ご帰宅料」として男性=700円、女性=500円(土曜・日曜は200円増)で、30分ごとに1オーダーが必要になる。

[広告]

 メニューはメードスタッフがケチャップで絵を描く「おえかきオムライス」(900円)や「たこやきちゃん」(500円)、「スペシャルプリンプリン」(600円)のほか、日替わりメニューも提供する。注文すると、席へ運んできたメードが「おいしくなる魔法」を一緒にかけてくれる。記念写真撮影(600円)や、2時間に1回、メードが歌うカラオケタイムなども。「今後は『コスプレデー』なども予定している」と店長の山田拓也さん。

 松本で初となるメードカフェ。席数は30席。店内は、前店舗がスナックだったため、ソファなどにその名残を感じるものの、店内は風船やぬいぐるみなどで「カフェ感」を演出している。スタッフは皆、「メード」の仕事は初体験。「みんなでいろんな案を出して、一から作っている」とメードスタッフのひなのさん。店内のディスプレーやメニュー表を手作りしたり、メードらしい言葉遣い、しぐさなどを研究したりして「メード業」に励んでいる。

 現在、バレンタインに向けて、メード手作りチョコレートをプレゼントする企画も準備中。「初のメードカフェなので、ご主人様、お嬢様に喜んでもらえるサービスを日々研究中。私たちの愛がいっぱい詰まった『おうち』へのご帰宅をお待ちしています」(ひなのさん)。

 営業時間は、平日=14時~21時、土日=12時~21時。