天気予報

30

13

みん経トピックス

松本市美術館で若手職員企画塩尻で駅前モニュメント公募

松本・村井の「甘味処いろは」がリニューアル イートインスペースも

松本・村井の「甘味処いろは」がリニューアル イートインスペースも

大きなショーケースに並ぶ団子

写真を拡大 地図を拡大

 松本・村井の松本病院近くに2月5日、「甘味処いろは」(松本市芳川村井町、TEL 0263-58-5123)がリニューアルオープンした。

新たに設けたイートインスペース

 同所で40年近く営業する老舗甘味所。建て替えた店内は和風の色合いで、明るく和やかな雰囲気。イートインスペース8席を設け、利用者にはお茶を無料で提供する。

 商品は、全てその日に店内で作ったもの。県産米の上新粉を使った団子(1本88円)は、みたらし、あげ、ごま、枝豆、のりマヨや季節の団子など15種類ほどを用意する。大福もち(120円~)、いなり(1つ88円~)、おこわ(小パック=180円~、大パック=370円~)も数種類展開。好みのフレーバーの粉をかけて振って味を付ける「ふりかけだんご」(320円)や、温かいまま食べる「天ぷら大福」(150円)などの新商品も。

 大きなショーケースには1本ずつ団子が並ぶ。「リニューアル前はパック売りをしていたが、お客さまからの要望もあり、もともとのバラ売りに戻した」と店主の高島里加さん。好きなものを選べる分、対応に時間はかかるが、レジを2つにするなどして効率化を試みる。「なるべくお待たせしないようにしたいが、時間がかかってしまうことも多い」

 「その日に作ったものを売り切る」スタイルは以前から変わらないという。「おいしい状態のまま召し上がっていただきたい。午後には売り切れてしまうことも多いので、早めにお越しいただければ」と高島さん。

 営業時間は9時30分~売り切れ次第終了。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・里山辺の「してきなしごと アトリエ」で開催中の「ドウグヤタサキのひとりクラフト」。同アトリエで生まれたというトタンのランプシェード
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング