学ぶ・知る

松本のコワーキングスペースで「まつもとコネクト」再始動 皆で考え、話す場に

以前はプレゼンイベントだった「まつもとコネクト」。再始動後は参加者も気軽に話し合えるような場づくりを目指す

以前はプレゼンイベントだった「まつもとコネクト」。再始動後は参加者も気軽に話し合えるような場づくりを目指す

  •  
  •  

 地域で新しい挑戦をしている人を通じて学びと出会いの場を提供するイベント「まつもとコネクト#29」が1月30日、松本・今町のコワーキングスペース「KNOWERS(ノウアーズ)」(松本市大手1)で開催される。

 市内でフリーランス美容師として活動する久保田裕也さんをゲストに迎え、働き方について考える。地方でフリーランスを選択するメリットや、どのように活動を広げて、続けていくかなどについて久保田さんのケースをヒントに、参加者も一緒に話し合う。ノウアーズを運営するクラウドット(同)の中山拓郎社長は「ゲストの話を一方的に聞いて終わるのではなく、思ったこと、感じたことを気軽に話し合えるような場にしたい」と話す。

[広告]

 2015年6月から昨年3月まで開いていた「まつもとコネクト」。松本でユニークな活動をしている人や、これから何かを始めたいという人が思いをプレゼンし、協力したり、応援したりする支援者を募っていた。今回、約1年間の休止を経て再始動する。「これまではプレゼンがメインだったが、参加者も含めて話し合うことを大事にしたい。そこからつながりが生まれていくと思う」と中山さん。参加者も10人前後に限定し、少人数でざっくばらんに話せる雰囲気にしたいという。

 今後も定期的に開き、「松本のある面について、皆で考えてみたい」「自分の身の回りにある問題を一緒に考える機会にしたい」など、テーマも募集する。「皆でつくり上げていくイベントにしていければ」とも。

 19時開場、19時30分開始。参加費は一般=1,000円、学生=500円(いずれも軽食・ドリンク付き)。申し込みはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加