天気予報

24

17

みん経トピックス

「信州・まつもと鍋」の日松本で学生がビジコン

松本のギャラリーカフェで「ブローチ展」 さまざまな素材の200点

松本のギャラリーカフェで「ブローチ展」 さまざまな素材の200点

さまざまな素材のブローチが並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、企画展「ブローチ展2」が開催されている。

ブローチのほか、収納箱も

 出展はAkane Bon Bon(紙)、accessory imo(布など)、小沢夏美さん(木工)、金井三和さん、辻本路さん、pottelly(以上陶器)、ka-ji-、mauve(以上金属)、wawa(ステンドグラス)。さまざまな素材のブローチ約200点を展示する。

 小沢さんは、家や草花をモチーフにしたブローチを制作。バルサ材を彫刻刀で削り、絵の具を3、4回塗り重ねて複雑な色合いを出している。「絵がベースになっていて、そこから家や花など作りたいと思う形が生まれる」と小沢さん。

 pottellyの「一輪ざしぎょうざブローチ」は、ギョーザの形で、ひだの部分の隙間に植物を挿せるようになっている。accessory imoはビンテージパーツを使ったもののほか、レジンを用いた作品も。金井さんは、ナピア粘土という紙粘土を使い、ブロンズのような色合いに仕上げた。Akane Bon Bonは、木のブローチと、同様のモチーフを描いた引き出し式の収納箱も出品する。

 一つ一つ三角形の袋に入れたwawaのステンドグラスのブローチには、「気ままに過ごす日」「雲をさがす日」などのコメントが添えられている。「納品時には『想造力ブローチ』と名が付いていて、想像、創造…といろいろ思いを巡らせた」と同店オーナーの熊谷俊行さん・幸枝さん。

 昨年に続き2回目の開催。普段扱っている素材とは違うものに挑戦する作家も多いという。「ブローチは小さいものなので、いろいろ試しやすいのかも」と俊行さん。「かわいいものや面白いもの、さまざまな作品があるので、じっくり見てもらえれば」と幸枝さん。

 作品は全て販売する。価格は、ブローチ=1,080円~、収納箱=6,500円など。営業時間は11時~20時。火曜、第1・第3月曜定休。1月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

商店主と作家らが「工芸の街」の魅力を伝える企画「商店と工芸」開催中。「ジュエリーサロン鶴」に展示されている金属造形作家・千葉直樹さんの「Brass Hanger」と輪島キリモトの漆器
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング