松本ぼんぼん1日限定たこ焼き-焼きたて屋とKomachiがコラボ販売

別冊「松本Komachi」は長野Komachiへの綴じ込みまたは市内各所で配布中。「焼きたてこまち」50円引きクーポン付き。

別冊「松本Komachi」は長野Komachiへの綴じ込みまたは市内各所で配布中。「焼きたてこまち」50円引きクーポン付き。

  •  
  •  

 「年に一度の祭りでしか食べられない特別なたこ焼き」をコンセプトにしたたこ焼き「焼きたてこまち」が8月1日、「松本ぼんぼん」で1日だけ販売される。

 同品は、長野県を中心に出店するたこ焼き・たい焼き・お好み焼きのFCチェーン「焼きたて屋」と、タウン情報誌「長野Komachi」の別冊「松本Komachi」とのコラボレーションによるもの。打ち合わせ中の雑談がきっかけとなり開発が決まった。

[広告]

 「松本ぼんぼんで販売するなら、松本産を使わないと意味がないと思い、地元の『松本一本ねぎ』を使うことに決めた」と焼きたて屋の企画販売担当・古川博徳さん。たこ焼きとネギを結びつける味付けには塩ダレを選択。打ち合わせや試食を重ね、名前も「焼きたてこまち」に決定した。「ネギの味と香りがガツンと効いて、ビールによく合う味。たこ焼きの本来の味もしっかり残り、バランス良くできた」と同社商品開発担当の岡田和彦さん。「ネギ嫌いの人でも食べてもらえる品」と太鼓判を押す。

 「とにかく時間がなく、あっと言う間にここまできた。昨年は通常の商品のみを販売していたが、今年は『焼きたてこまち』で500パックを目標にしたい」と意気込みをみせる古川さん。「評判が良ければ通常店舗での商品化も考えたい」とも。

 価格は1パック6個入り500円。8月1日の「松本ぼんぼん」開催時のみ、「伊勢町夜噺」前の屋台で販売する。

  • はてなブックマークに追加