見る・遊ぶ

松本・四賀で「錦織マルシェ」 「木と遊ぼう」テーマに、出店やワークショップ

昨年10月に開催した「錦織マルシェ」の様子

昨年10月に開催した「錦織マルシェ」の様子

  • 67

  •  

 ワークショップなどを自然の中で楽しむ「錦織(にしごり)マルシェ」が5月15日、松本・四賀の交流スペース「四賀の里 錦織」(松本市赤怒田)で行われる。

[広告]

 地元の飲食店、アクセサリーなどを扱う雑貨店などが出店。フード・ドリンクはテークアウトをメインにする。「木と遊ぼう」をテーマに、シイタケやナメコの原木販売、チェーンソーの目立て教室、まき割り体験などのほか、おかくずの中からカブトムシの幼虫を探したり、木工作品を作ったりする子ども向けのワークショップも用意する。

 2005(平成17)年4月に松本市と合併した四賀地域は市街地から車で30分ほどの距離にある。「合併後も人口減少が止まらず、このままでは限界集落になる可能性もある」と昨年7月、「次の世代に元気な里山・四賀をつなぐ」を掲げ「錦織マルシェ」が発足。地域外の人には「四賀を知り、楽しんでもらう場」、住民には「さまざまな形で参加してもらえる交流の場」となることを目指し、昨年は「テストの年」と位置付けて、月2回開催してきた。

 今年は「四賀さとかつプロジェクト」の一環として、年4回を予定している。実行委員会事務局の藤森賢さんは「マルシェを行うこと自体が、地域の住民の楽しみになっている。今後も例えば夏は魚のつかみ取りなど、季節に合わせたイベントにしていきたい」と話す。

 開催時間は10時~16時。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース