食べる

松本で「サマーフェスト」 ビールと多彩な料理、「飲めない人」も楽しめる場に

雨でもテント内の席で楽しめる

雨でもテント内の席で楽しめる

  •  
  •  

 「松本サマーフェスト2019」が現在、松本パルコ前の花時計公園(松本市中央1)で開催されている。

 公園内にテントや長テーブルを設置し、テント内外合わせて約800席を用意。「夏を楽しむ野外レストランの饗宴(きょうえん)」をテーマに、市内の飲食店など約30店が出店する。ステージでは県内外のアーティストによるライブも行う。

[広告]

 ビールは購入時にグラス代金を預かり、グラス返却時に代金を返すデポジット制を導入。「ケルトリッツァー」や「エルディンガー」などのドイツビールのほか、「穂高地ビール」「富士桜高原麦酒(ビール)」などの地ビールも取りそろえる。ビール以外に、ワインやカクテル、ノンアルコールドリンクなども。

 フードは、ソーセージやステーキ、生ハムなどのほか、ラーメンやピザ、丼ものなど幅広く、食事としての利用も見込む。かき氷やソフトクリーム、カットフルーツなどデザート類を提供するブースも。アドバイザーの蔵岡久男さんは「アルコールだけのイベントではないので、飲めない人をはじめ、子どもから年配の方まで幅広く楽しんでもらえれば」と話す。

 前身の「オクトーバーフェスト」から数えると13回目となる同イベント。会場では、周辺店舗で11月までサービスを受けることができるガイドブックも配布する。「地域活性化と食文化の向上発展をテーマに取り組みを続けている。会場だけではなく、周辺の店舗とも一緒に松本の食文化を盛り上げていきたい」と蔵岡さん。

 開催時間は17時~21時(土曜・日曜は11時~)。9月9日まで。

  • はてなブックマークに追加