食べる

松本・筑摩に洋食店「シアトル」移転 以前と変わらぬ雰囲気で

壁の絵やオブジェなどはそのまま飾り、以前と変わらぬ雰囲気を演出

壁の絵やオブジェなどはそのまま飾り、以前と変わらぬ雰囲気を演出

  •  

 松本の「ライフスクエアCOMO庄内」近くに洋食店「シアトル」(松本市筑摩1、TEL 0263-31-6102)が10月27日、移転オープンした。

 松本・城西のこまくさ道路沿いで、甕真人さん・京子さん夫妻が20年以上営業していた店舗を8月末に閉めて移転。席数は55席と少し減ったが、店内は「前の店となるべく同じように」と、壁の絵やオブジェなどはそのまま飾る。

[広告]

 メニューもほぼ変わらず、名物の「石焼き牛ヒレステーキ」(100グラム=1,380円、150グラム=1,880円、200グラム=2,380円)は、レアな状態で鉄平石にのせて提供。パスタは、ホウレン草を使った「みどりのカルボナーラ」(1,180円)や、「わたりがにのトマトクリームパスタ」(1,280円)のほか、生パスタも用意する。半熟卵がのった「ピッツア ビスマルク」(1,080円)や、「海鮮エスニックライス」(980円)なども。

 大皿で取り分ける「シアトルベストセレクション」(4品、2人で3,480円)、「満腹シアトルコース」(6品、2人で4,680円)、「わいわい・がやがやコース」(6品、3人で6,380円)などのコースメニューも用意。パーティーなどの貸し切りにも対応する。

 前店は2016年に耐震基準を満たしていないと診断されたが、工事中の対応などを考えて、改修は断念。常連客から継続を望む声もあり、ちょうど物件も見つかったために移転することを決めた。「年配のお客さんも多かったので、場所が変わると来てくれるかどうか心配していたが、皆さん足を運んでくれる。近隣の方、看板を見て気付いてくれる方など、新しいお客さんも増えた」と真人さん。

 移転後は厨房(ちゅうぼう)が変わり、慣れないこともあったという。「初めのうちは、これまでの味を再現することに最も気を使ったが、ようやく慣れてきた。今後は新しいメニューも提供できれば」

 営業時間は、11時30分~14時45分、17時30分~22時(日曜・祝日は21時30分まで)。火曜、第1・第3月曜定休。