天気予報

3

-2

みん経トピックス

安曇野で弦楽演奏&マルシェ松本に旅館名継ぐレストラン

松本のセレクトショップで「時を切り取ったオブジェ」展 植物標本やリース70点

松本のセレクトショップで「時を切り取ったオブジェ」展 植物標本やリース70点

インテリアにもなじむ落ち着いた色合いのアイテムが並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 松本・六九商店街のセレクトショップ「monbus(モンバス)」(松本市大手2、TEL 0263-75-8728)で現在、企画展「時を切り取ったオブジェ」が開催されている。

植物標本とスワッグを組み合わせても

 フラワーデコレーター・MAKIKOさんの作るドライフラワーのアレンジメント約40点と、1900年代の植物標本約30点を展示する。MAKIKOさんの作品は、グリーンを中心に寒色系の落ち着いた色合い。リースやスワッグなどのほか、花束やガーランドなども用意する。店主の山田照久さんは「葉は表と裏で色が違うので、めくれた部分や違う角度から見ても楽しめる。飾っているうちにさらに乾燥が進み、表情の変化も感じられる」と話す。

 植物標本は、山田さんが今年初めにフランスに仕入れに行ったときに買い付けてきたもの。アンティークマーケットで目に留まり、状態も良かったのでまとめて購入したという。「マーケットはとにかく古いものなら何でも出ているので、こちらがどうやって使うかを考えるのが面白い」。標本の雰囲気と合うものをと考え、以前、東京・自由が丘にあったアンティーク雑貨店「Depot39」で働いていたときの同僚だったMAKIKOさんに声を掛けた。

 スワッグを標本と一緒に置いたり、額装をイメージした枠を作ってディスプレーしたりと工夫を凝らす。山田さんは「今の季節はもちろん、クリスマスが終わっても使える。リース以外のアイテムもたくさんあるので、インテリアに合わせて選んでもらえれば」と呼び掛ける。

 価格は、リース=3,000円~、植物標本=1万2,000円など。営業時間は11時~19時。水曜定休。12月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」で服飾デザイナー・百瀬陽子さんによる個展「youi!winter2017 冬のトリコロール」開催中。着物の帯を使って制作したリュックとポーチ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング