天気予報

30

22

みん経トピックス

松本で音楽&マーケット開催松本でギャラリー店主が個展

松本の洋裁教室「ラズベリーガール」がリニューアル 体験教室や型紙販売も

松本の洋裁教室「ラズベリーガール」がリニューアル 体験教室や型紙販売も

ソーイング教室のほか、道具貸しにも対応

写真を拡大 地図を拡大

 松本・蟻ヶ崎のソーイングワーク教室・アトリエ「RaspberryGirl(ラズベリーガール)」(松本市蟻ヶ崎4、TEL 0263-88-6468)が7月9日、リニューアルオープンした。

 ソーイングワーク教室は1回2時間30分。簡単なものから始めたり、数回かけて本格的なものを仕上げたりと、要望に合わせて個別に対応する。店主の田川恵理子さんは「子ども服が中心だが、作りたいものは人それぞれ違うので、自然とマンツーマンの教室になった」と話す。アトリエでは、型紙も販売。田川さんが制作した洋服のほか、地元クラフト作家のビーズを使ったアクセサリーなども扱う。

 出産を機に洋裁を始めた田川さん。長女や次女のために作った服をブログで紹介するうちに、販売も行うようになり、業務用ミシンを購入した。「趣味で始めたものが徐々に仕事になっていった。洋裁について習ったわけではないので専門知識はなかったが、その分、初心者でも分かりやすい方法を考えることができた」と振り返る。

 昨年12月、自宅に教室兼アトリエを構えた。当初、業務用ミシンは3台だったが、「半年間、教室をやってみて需要が高いことが分かった」と6台に増やし、ミシンや糸などの道具貸しにも対応するようになった。「『どうやって作ったらいいか分からない』『家にミシンがなくて作れない』という声に応えたかった。自分もそうだが、本を買ってみたが難しくて断念したという人も多い。『作りたい』という思いを後押しできるような場所でありたい」と田川さん。「まずは1つのものを完成させる体験をしてほしい」と、体験レッスンも用意する。

 参加者は、子ども服や雑貨を作りたいという人のほか、「娘と孫におそろいの服をプレゼントしたい」という年配の人もいるという。「今の時代、服は安く手に入れることもできるが、形として残すこともできるもの」と田川さん。「必ず完成までフォローする。形になったときと、実際に着てもらったとき、2つの喜びを感じてほしい」と話す。

 営業時間は9時~16時。火曜・日曜、土曜隔週定休。教室は午前の部=9時30分~12時、午後の部=13時30分~16時。料金は4,500円。体験レッスンは2時間30分で4,000円(いずれも材料費別)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本パルコ近くの豆菓子専門店「豆吉本舗松本店」が甘味処「豆茶房」を併設してリニューアル。これまで豆菓子を販売していた蔵造りの店舗は落ち着いた喫茶スペースに
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング