天気予報

17

10

みん経トピックス

松本城で桜が開花エフエムまつもとネット配信

松本の老舗自転車店「ミツワ」がリニューアル 小売り強化、多様な自転車600台

松本の老舗自転車店「ミツワ」がリニューアル 小売り強化、多様な自転車600台

広々とした展示スペース「プロの整備士がしっかり対応するので、何でも相談してほしい」

写真を拡大 地図を拡大

 松本・高宮東の自転車専門店「サイクルショップミツワ」(松本市高宮東1、TEL 0263-25-7128)がリニューアルオープンして1カ月が過ぎた。

 もともと2階建ての事務所の1階フロア約160坪を小売りスペースとして全面リニューアル。一般用からスポーツ用まで約600台の自転車を展示販売する。子ども用の自転車や電動アシスト自転車のほか、グリップやサドルなどの部品、ヘルメットなども充実。「通学などに使うような一般車とロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなどのスポーツ車、どちらも詳しいのが強み」と店長の塩原光廣さん。

 同店は1918(大正7)年に大名町通りで自転車卸として創業。その後、本庄、宮田と移転し、1987(昭和62)年に現在の場所で営業を開始。4代目・塩原慶悟社長が、2001年ごろから小売りを始め、扱う自転車のバリエーションも点数も増えていったという。合わせて、事務所内で展示スペースを増やしていったが、「お客さまに見ていただくには、いろいろ不便なことも多かった」と光廣さん。来年迎える100周年を前に、広々としたスペースで多くの自転車を見てもらいたいと、全面改装に踏み切った。

 コンセプトは「町の自転車屋さん」。「自転車のことならあそこに行けば何とかなる、と思ってもらえるような店であり続けたい」と光廣さん。「探しているものがある人、相談したいことがある人など、ニーズに合わせた提案をするので気軽に足を運んでもらえれば」と話す。

 営業時間は9時30分~18時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・中山のギャラリー「sen(せん)」で企画展「スススコサンのおみせat1000」開催中。受注生産の「ベルギーリネンパンツ」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング