見る・遊ぶ 買う

松本で「山登り」テーマのアクセサリー展-穂高連峰かたどった作品も

にぎやかに装飾されたギャラリー内

にぎやかに装飾されたギャラリー内

  •  
  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、松本市在住のアクセサリー作家・山本葵さんによる作品展「モーヴと山登り」が開催されている。

今にも羽ばたきそうな鳥たちは、七宝焼で制作

 「mauve(モーヴ)」のブランド名で活動する山本さんは、シルバーや真ちゅうなどの金属を使ったアクセサリーを制作する。同店での個展は7回目。山本さんが好きな「山登り」をテーマにした作品をメーンに、約300点を展示する。

[広告]

 今回は七宝焼のシリーズを多く制作。テントに見立てた三角形のピアスや、ライチョウや飛び立とうとしている鳥が山頂にいる置物などが並ぶ。「均一に色を乗せるのではなく、ほどよいムラ感や風合いが出るように研究した」と山本さん。

 ユニークな作品も数多く用意。標高が刻まれた穂高連峰の形をした冠や、サイズも形もさまざまな山のピンバッジを入れたおみくじなど。日本有数の氷河圏谷・涸沢(からさわ)カールの風景を表現したピンバッジには、登山者のテントでいっぱいになる同所の夏の一場面を表している。七宝焼バージョンでは、空や山の色を変えて違いを出した。

 銅と真ちゅうで作ったオーナメントを会場内にめぐらせたり、実際に山本さんが使用している山の道具を展示したりと、空間づくりにも工夫を施す。「オーナメントは、タルチョー(チベットの五色の祈祷旗)をイメージした。山の道具は、父が大切に使っているピッケルやアイゼンも持って来ようと思っている」(山本さん)。

 「毎回新鮮で楽しませてくれる」と同店の熊谷幸枝さん。山本さんは「ガルガでの展示は、楽しく自由に作れる大切な機会。今回は『大満足』と言っていいほどやりきった」と笑う。「『モーヴの夏山』を楽しみに来てほしい。オーダーも承っているのでぜひ」とも。

 作品は販売も行う。ピアス=2,000円~、オーナメント=3,000円、ブローチ=2,000円~など。営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3月曜定休。入場無料。7月28日まで。

  • はてなブックマークに追加