3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

安曇野の陶芸家が白色ベースの陶器展-松本のギャラリーカフェで

白色を基調にした作品が並ぶギャラリー内

白色を基調にした作品が並ぶギャラリー内

  • 0

  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、安曇野市の陶芸家・内川千代美さんの個展「繋ぐ日々」が開催されている。

 内川さんの作品は、白色が基調。白みが強い作品には白土を、青みがかった作品には赤土を使用している。「化粧土や釉薬(ゆうやく)は同じものを使っている。土を変えるだけで違った雰囲気の作品になる」(内川さん)。皿や器はサイズや形違い、カップ類は湯のみやフリーカップ、マグカップなど幅広くそろえる。「全体的に小ぶりな作品を用意した。小さいものをいっぱい展示した方が楽しいと思って」。

[広告]

 展示開始時には130点ほどあったが、現在は70点ほどに。「ファンの多い作家さんなので、早くに売れてしまった」と同店の熊谷幸枝さん。内川さんは「その時の出会いだと思うし、使ってもらいたいので、会期終了後のお渡しではなく持ち帰りOKにした」と話す。

 同店ではさまざまな作家の作品でドリンクなどを提供しているが、その中には内川さんのティーセットも。「繊細だが、緊張して使わなくてもいい作り。冬は温かみを感じるのに、夏は暑苦しさを感じずに使うことができる」と熊谷さん。

 「内川さんの作品は、安曇野で展示をするとすぐに売り切れてしまうと聞いた。まだ数があるので安曇野で買いそびれてしまった人はぜひ」(熊谷さん)。「手に取って、『何を盛ろう』『何を飲もう』と楽しく想像してもらえたら」(内川さん)。

 作品は販売も行う。皿=1,000円~、カップ=2,000円~、花器=3,000円など。営業時間は11時~20時。期間中は火曜定休。入場無料。3月28日まで。

Stay at Home