見る・遊ぶ

松本のギャラリーで「縁起物展」 新年、節分、ひな祭り「暦感じる」作品200点

さまざまなアイテムが並び、にぎやかな雰囲気のギャラリー内

さまざまなアイテムが並び、にぎやかな雰囲気のギャラリー内

  • 72

  •  

 縁起物をモチーフにした企画展「縁起物展4」が現在、松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で開催されている。

さまざまな「縁起物」

 今年の干支(えと)「丑(うし)」にちなんだ牛のほか、だるまや招き猫、おひなさまなど縁起の良いものをテーマにした作品、約200点を展示する。出展は、Akane Bon Bon・梅川茜さん、mauve(モーヴ)・山本葵さん、ようさん工房・百瀬陽子さん、陶房七草・古田秋理さん、金井三和さん、山崎美帆さん、おっとぼけ美術館。

[広告]

 梅川さんの「張り子ピック」は、鶴や亀、タイのほか、恵比寿様や大黒様など数種類を展開。同展の定番としても人気だが、今回は色の塗り方を少し変えたという。同店の熊谷幸枝さんは「より張り子らしい塗り方になった。新旧どちらも良さがあり、新たに買い足す人も多い」と話す。

 干支のモチーフは、山本さんが真ちゅう製の「牛さんピンバッジ」、山崎さんが金色や銀色の石などと組み合わせたオブジェ「2021 SPACE COW」、百瀬さんが布製のストラップとキーホルダーを出品。おっとぼけ美術館は、同館で保管する民芸作家の故・宮田嵐村さんが使っていた木型を用いたお面を用意する。招き猫やフクロウ、男女の顔が重なった「ハイカラさん」のほか、鬼や「赤でこ」も。

 金井さんと古田さんはおひなさまを制作した。金井さんは、オーブン粘土を用いてアクリル絵の具で着色。カラフルな色合いで仕上げ、「初音」「草萌」などそれぞれ名前を付けた。古田さんの作品は磁器製で、箱や留め具も手作りした。

 4回目となる同展。新年から節分、ひな祭りと、「今回は少し長めに、暦を感じられるアイテムをお願いした」と熊谷さん。「今は不安に思うことも多い世の中だが、見ていると気持ちが和むようなものが集まった。身近に置くことで、少しでも心が明るくなれば」とも。

 価格は、キーホルダー、ストラップ=900円~、ピンバッジ=2,000円~、お面=2,800円~など。営業時間は11時~19時。月曜・火曜定休。1月31日まで。

  • はてなブックマークに追加