3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

松本のギャラリーで「縁起物展」 明るい気持ちになれるアイテム200点

縁起物をテーマにしたさまざまな作品が並ぶ

縁起物をテーマにしたさまざまな作品が並ぶ

  •  
  •  

 縁起物をモチーフにした企画展「縁起物展3」が現在、松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で開催されている。

カラフルな「張り子ピック」

 今年の干支(えと)「子(ね)」(ネズミ)をはじめ、だるまや招き猫など縁起の良いものがテーマ。張り子のお面やオブジェ、アクセサリーなど約200点を展示する。出展は、おっとぼけ美術館、Akane Bon Bon・梅川茜さん、小沢夏美さん、mauve(モーヴ)・山本葵さん、ようさん工房・百瀬陽子さん、山崎美帆さん。

[広告]

 梅川さんが制作したのは先端に張り子を付けた「張り子ピック」。恵比寿様や大黒様、鶴や亀、松や梅など縁起の良いものをそろえ、「ふくろう・苦労しませんように」「招き猫・財よ、こいこい」など短冊にコメントも付けた。わら束に刺したり、数種類を組み合わせたりすることもできる。

 山崎さんの「2020年を見守るねずみの神様」は、ネコの上にネズミが乗っている「猫鼠神(味方が現れる/意外な仲間を得る)」やチーズの上にネズミが乗っている「食鼠神(富を得る/商売繁盛)」などユニークなもの。おっとぼけ美術館は、同館で保管する民芸作家の故・宮田嵐村さんが使っていた木型を用いたおかめやひょっとこ、こま犬のほか、「きつね面」や「赤でこ」の面を制作した。

 百瀬さんは、長財布や小さいだるまの形をした「ダルマモリ」のほか、干支のキーリングを用意。ネズミは、茶、金、朱色の3種類で、自立するのでオブジェとして置いて楽しむこともできる。小沢さんはネコの立ち姿をかたどった「招き猫はりこ」、山本さんは真ちゅうのピンバッジを入れた「おみくじ」を出品する。

 同店の熊谷幸枝さんは「作家の皆さんが、毎回少しずつ工夫して、新たな気持ちで作ってくれている」と話す。「干支のものをはじめ、毎年使えるお正月アイテムなどもある。年の初めを明るい気持ちで迎えてもらえれば」とも。

 価格は、張り子ピック=1,200円~、お面=2,800円~、招き猫はりこ=2,020円など。営業時間は11時~19時30分。火曜、第1・3・5月曜定休。1月26日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home