見る・遊ぶ

松本のギャラリーで「縁起物展」 干支やだるまなど「一年のお守りに」

さまざまなアイテムが並ぶギャラリー内

さまざまなアイテムが並ぶギャラリー内

  •  

 縁起物をモチーフにした企画展「縁起物展2」が現在、松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で開催されている。

 今年の干支(えと)「亥(い)」をはじめ、だるまや招き猫など縁起の良いものがテーマ。張り子のお面やオブジェ、アクセサリーなど約150点を展示する。出展は、おっとぼけ美術館、Akane Bon Bon、小沢夏美さん、田路恭子さん、山崎美帆さん、mauve(モーヴ)。

[広告]

 Akane Bon Bonこと梅川茜さんは、先端に張り子を付けたピックを制作。鶴や亀、タイのほか、恵比寿様や大黒様など数種類を用意し、組み合わせても楽しめるようにした。3本以上セットにすると、ピックを刺して飾れる「わら束」も付く。同店の熊谷幸枝さんは「組み合わせ方で、お正月を過ぎても長く楽しめるので人気がある」と話す。

 山崎さんの「2019年を見守ってくれる神々」は、円形の台に小さな神様と、神様にまつわるアイテムをのせたもの。気持ちをふっくらさせてくれる「お餅の神」や、怒りや災難を遠ざけてくれる「避雷神」、常に祝ってくれる「ケーキの神」などユニークな5つの神様を用意する。

 おっとぼけ美術館は、同館で保管する民芸作家の故・宮田嵐村さんが使っていた木型の中から、おかめやひょっとこ、こま犬などお正月らしいものをお面にした。「福が来る」というフクロウはお面のほか、壁などに掛けると揺れる「つるしフクロウ」も。

 田路さんの木製の鏡餅のオブジェは昨年も好評で、今回は3段飾りも用意した。mauveは真ちゅうの小さなだるまのほか、富士山をかたどったアクセサリーも出品。小沢さんが制作したウリボウは、指人形になっていて、子どもも楽しめるという。

 「昨年好評で、定番のように作ってもらったものもあれば、新しく工夫して作ってもらったものもある」と熊谷さん。「干支のものを身に着けたり飾ったりすると縁起が良いといわれているので、お守り代わりに選んでもらっても」とも。

 価格は、張り子ピック=1,200円~、お面=2,500円~、鏡餅のオブジェ=3,500円~など。営業時間は11時~19時30分。火曜と第1・3・5月曜定休。1月27日まで。