見る・遊ぶ

松本山雅が無観客で新体制発表会 地域との取り組み紹介する「裏」発表会も

Zoomで参加するサポーターと共に「One Soul」ポーズ

Zoomで参加するサポーターと共に「One Soul」ポーズ

  • 28

  •  

 松本山雅FCが1月11日、まつもと市民芸術館(松本市深志3)でシーズン新体制発表会を開いた。

今シーズンのスローガン「One Soul 新・心・進」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、急きょ無観客での開催とし、ユーチューブとテレビ松本で生中継した。例年、サポーターが埋め尽くす観客席には、横断幕やサポーターの番号「12」が掲げられた。

[広告]

 神田文之社長は「(昨シーズンは)目標を達成できたとは言えないが、原点に立ち返ることはできた。今シーズンは、心を一つにして新しい形をつくり上げたい」とあいさつ。蟻ヶ崎高校書道部の生徒4人とマスコットキャラクター・ガンズくんと共に、今シーズンのスローガン「One Soul 新・心・進」を力強く書き上げた。

 選手・コーチングスタッフ紹介では、各自が今季のテーマとなる漢字1文字を書いた色紙を手に意気込みを語った。ユースから加入した神田渉馬選手は「常に努力する」という気持ちを込めて「努」、同じく稲福卓選手は「地道にコツコツとやっていきたい」と「地」を掲げた。「勝」や「昇」など、勝利や昇格を意識する選手が多くを占める中、レノファ山口から移籍した田中パウロ淳一選手は「雷」。「雷鳥のように頂を目指し、雷のように皆さんに衝撃を与えたい」と力を込めた。

 選手紹介の前後にはチャントが流れ、Zoomで参加するサポーターがスクリーンに映し出された。新ユニホーム発表、フォトセッションの後には、過去の新体制発表会の観客席の様子が映し出され、選手とスタッフはその様子を壇上から見つめた。

 柴田峡監督が掲げた目標は、「J1昇格、勝ち点・得点共に84」。最後に、「絶対昇格、全員成長。一日一日成長していけるような1年になれば結果も付いてくる」とあいさつし、「例年同様、熱い声援を」と呼び掛けた。

 その後、クラブでは地域との取り組みなどを発表する「『裏』新体制発表会」をユーチューブで配信。コロナ禍でのスタジアム運営や、農業、観光、教育など地域と共に進めているプロジェクトについて、担当者が説明した。神田社長は「(『裏』で紹介したことは)地道な活動だが、クラブの未来につながることだと信じている。さまざまな事業に参加してもらうことで、一緒に山雅を育ててもらえれば」と締めくくった。

  • はてなブックマークに追加