暮らす・働く

松本で地元の魅力を再発見する写真展 「商店主とは違った目線で」作品募集

「昔の写真でもOKなので、自由に応募してもらえれば」と石曽根さん

「昔の写真でもOKなので、自由に応募してもらえれば」と石曽根さん

  • 72

  •  

 松本の3商店街が地元の魅力を再発見する写真展「私の街“松本”の魅力を再発見!」を企画し、現在、作品を募集している。

 松本駅前、本町、大名町の3つの商店街で撮影した写真が対象。風景や人物など題材は自由で、撮影時期も問わない。タイトル、撮影者(ニックネームでも可)、連絡先(メールまたは電話番号)を添えて応募する。担当する扇子屋花嫁会館(松本市中央1)の石曽根健司社長は、「撮影場所が3商店街であれば制限はないので、いろいろな写真を寄せてもらえれば」と話す。

[広告]

 作品は、2月1日~14日に松本パルコで開催予定の「私の街“松本”の魅力を再発見!写真展」で、パネルにして展示する。30点ほどを想定しているが、「多く集まれば選考するが、できる限り皆さんの作品を紹介したい」と石曽根さん。

 3商店が主催するイベント「ENJOY!MATSUMOTO」の一環として企画。「商店主らが気付かない魅力があるのではないか」と広く作品を募ることにしたという。自身もカメラマンである石曽根さんは「さまざまな切り口で、新たな街の良さを発見できるような展示になれば。私たちが知らない魅力を寄せてほしい」と呼び掛ける。

 応募はメールと、ツイッターのダイレクトメッセージで受け付ける。締め切りは1月15日。問い合わせは石曽根さん(TEL 090-4722-8768)まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース