見る・遊ぶ

松本で「ラベンダークラフト講習会」 摘みたてのフレッシュハーブ使い

以前行われた「ラベンダークラフト講習会」の様子

以前行われた「ラベンダークラフト講習会」の様子

  •  
  •  

 松本・寿北の「淵庵村(ふちあんむら)」(松本市寿北6、TEL 0263-55-3130)が6月21日、24日、25日に「ラベンダークラフト講習会」を開く。現在、参加者を募集している。

 敷地内に咲いているラベンダーを摘み、束ねてリボンを編み込む「バンドルズ」や「フラワーバスケット」を作る。製作後には、フレッシュハーブティーや特製のデザートを用意。摘んだラベンダーを持ち帰ることもできる。講師を務める淵庵村の竹渕那美さんは、「自分で摘んだフレッシュなラベンダーを使って作れるのはこの時期ならでは」と話す。

[広告]

 淵庵村は、2012(平成24)年6月にオープン。200坪ほどのハーブ園の中に、集合テナントや多目的ホールなどを備える。昨夏には、土蔵やトレーラーハウス、ログハウスなど4種類のゲストハウスを用意する「L-BASE(エルベース)」が完成。さまざまなイベントや合宿などにも利用されている。

 講習会は、淵庵村をオープンする前に、ハーブを扱う店を運営していたころから続いているもので、「もう20年以上になり、季節の楽しみとして毎年参加してくれる人もいる」と竹渕さん。年齢層も幅広く、どんな人でも楽しめるという。「何度か参加している人には、応用も利く講座。もちろん初めてという人には丁寧に教えるので、気軽に参加してもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は、21日、24日=10時~、25日=13時~。参加費は1,500円。申し込みはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加