食べる

松本山雅・高崎寛之選手がカフェ開業 店長は元選手・柴田隆太朗さん

「誰もが気軽に立ち寄れる店にしたい」と店長の柴田さん

「誰もが気軽に立ち寄れる店にしたい」と店長の柴田さん

  •  

 松本・里山辺の市かりがねサッカー場の近くにカフェ「CUE」(松本市里山辺、TEL 0263-87-1299)がオープンして1カ月が過ぎた。

屋外にはテラスのほか、土管を使った席も

 店舗面積は約15坪。テーブル、カウンター20席のほか、テラス席など屋外に16席を設ける。54平方メートルのドッグランを併設し、店内も犬同伴で利用が可能。オーナーは松本山雅FCの高崎寛之選手で、店長は同FCを昨季引退した柴田隆太朗さんが務める。

[広告]

フードは、六穀ブレッドを使ったホットサンドイッチ「ハーブチキンサラダ」(650円)、「ハム&マーブルチーズ」(700円)など5種類を用意。ドリンクは、フレッシュベリーを使ったオリジナルドリンク「ハットトニック」や「アサイーヨーグルト」(S=450円、L=550円)のほか、「ハートランド」(630円)、「ハウスワイン」(500円)などのアルコールも提供する。ほかに、ソフトアイスクリーム(400円)なども。全てのメニューはテークアウトにも対応する。

 2016年4月、期限付きで同FCへ移籍した高崎選手。愛犬家で自身もヨークシャーテリア・九兵衛を飼っており、「松本には犬連れOKの店が少ない」と感じていたという。翌年、完全移籍となったタイミングで、犬連れでも利用できる店を夫婦で始めることにした。「飲食店を始めることで、地域の方々とのつながりも深まり、より多くの人に山雅のことも知ってもらえると考えた」。当初は松本駅周辺の物件を探したが、駐車場を確保するのが難しく、エリアを広げて検討。最終的にかりがねサッカー場近くの空き地に決め、店舗はコンテナを改造。引退後も松本に残りたいと考えていた柴田さんに、店長を任せることにした。

 飲食業の経験がなかった柴田さんは、開店に向けて市内の飲食店で修業。「初めてで不慣れなことも多いが、メニューなども少しずつ充実させたい」と話す。オープンして1カ月、かりがねサッカー場から徒歩3分ほどの距離のため、練習を見学する前後に立ち寄るサポーターが多いという。「サポーターの方がたくさん来てくれて本当にうれしい」と柴田さん。「誰もが気軽に立ち寄れる店にしていきたい。山雅を知らない方や、犬連れではない方もぜひ」とも。

 営業時間は10時~18時。月曜定休(同FCのオフと合わせる)。