学ぶ・知る

安曇野でプログラミング作業・勉強する「もくもく会」 プログラマーの交流の場にも

会場の安曇野市穂高交流学習センターみらい

会場の安曇野市穂高交流学習センターみらい

  •  

 安曇野市穂高交流学習センターみらい(安曇野市穂高、TEL 0263-81-3111)で6月23日、安曇野プログラマーズクラブによる「第1回もくもく会」が行われる。

 「もくもく会」は、参加者が各自で、黙々と作業したり、勉強したり、読書したりするイベント。「1人で黙々と作業するよりも、皆で集まって楽しくやる」ことを目的としている。同イベントでは、参加者同士の交流の場づくりも目指し、プログラミング未経験という人に対しても、対応できる範囲でサポートを行う。

[広告]

 企画した同クラブ代表・和泉田領一さんは9年前にフリーランスになり、iPhoneアプリのプログラマーとして活動。2014年、語学学習のウェブサービスを企画・開発・運営する「Lang-8(ランゲエト)」に入社し、アプリの開発を行っている。「県内各地で、『もくもく会』やプログラミングの勉強会などは開催されているが、安曇野周辺、特に北部の方はプログラマーが集まる場があまりないと思っていた」と和泉田さん。場を設けることでつながりをつくりたいと、同クラブを立ち上げた。

 「趣味や仕事でプログラミングを行っている方はもちろん、プログラミングに興味がある、学びたいという方にも参加してほしい。途中からの参加や退出もOKなので、まずは気軽に足を運んでもらえれば」と和泉田さん。「活動を続けることで、安曇野のプログラマー人口を増やしていきたい」とも。

 開催時間は13時30分~17時(途中参加・退出可)。参加費は、会場費500円を参加者で均等割りする(学生は無料)。申し込みはホームページで受け付ける。