食べる

松本のラーメン店「麺豪 武蔵」が移転オープン-幅広いメニューに対応

「煮干醤油らー麺」(700円)

「煮干醤油らー麺」(700円)

  • 0

  •  

 松本・島内に11月10日、「麺創 宮本」(松本市島内、TEL 0263-40-0580)が移転オープンした。

 店舗面積は70坪、席数はテーブル・カウンター・小上がりで80席。同店は「麺豪 武蔵」として、2002年に安曇野市の穂高駅前にオープン。その後2007年に松本市の合同庁舎近くに移転し、営業していた。濃厚系の味付けだったが、移転を機に煮干しだしのしょうゆ味などあっさり系の提供をメーンにし、店名も変えた。「ずっと煮干しでやってみたかった。店名は前の店が宮本武蔵から取った『武蔵』だったので、今回は『宮本』。宮本武蔵の家紋もロゴマークに入れた」と店長の岩野義弘さん(29)。

[広告]

 メニューは「煮干醤油らー麺」(700円)や「醤油らー麺」「塩らー麺」(各680円)のあっさり系をはじめ、「豚骨醤油らー麺」(730円)や「味噌らー麺」(780円)、前店でも提供していた「つけ麺」(800円)など味付けの濃いものも。それぞれに追加250円の「チャーシュー麺」と、追加300円の「特製」を用意する。「煮干しの風味が強くなりすぎないように意識している。ほかのスープもすべて国産の材料を使う。素材が本来持つ味を十分引き出すための作業は決して怠らない」と岩野さん。麺は4種類の特注麺をメニューによって使い分ける。

 「焼き餃子」(280円~)や「鶏もつ煮」(480円)、「自家製 ニンニク玉漬」(450円)などの一品メニューやデザート、アルコールなども豊富に取りそろえる。現在オープン記念としてランチタイムにのみ、カレーバイキングを99円(ラーメン注文客のみ)、サラダバイキングを無料で提供する。「バイキングはかなりお得。ラーメン屋なのにね(笑)」。

 会計は、デパートの商品券やビール券などの金券、株主優待券、切手やはがきなどでも支払うことができる。「これをやりたくて古物商許可証を取得した。財布に入ったままの商品券を使ってもらいたくて」。

 「前店は駐車場が少なくてお客さんに迷惑をかけたことも…。今回は駐車場も広いので、多くの人に食べにきてもらいたい」と岩野さん。「(ランチタイムのバイキングや商品券を利用して)安く満腹になってもらえれば」とも。

 営業時間は、ランチタイム=11時30分~15時30分、ディナータイム=17時30分~23時30分、土曜・日曜・祝日=11時30分~23時30分(ラストオーダー)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース