3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

松本・喫茶山雅で「お子さま弁当」 休校中の子ども向け、ランチタイムを楽しく

イートイン用の「お子さま弁当」

イートイン用の「お子さま弁当」

  •  
  •  

 松本山雅が運営する、松本・緑町の「喫茶山雅」(松本市大手4、TEL 0263-75-8050)が「お子さま弁当」の提供を始めた。

 弁当は、同社の「スマイル山雅農業プロジェクト」で収穫した青大豆「あやみどり」を使った混ぜご飯おにぎりやナポリタン、信州福味鶏の唐揚げ、野菜のほか、日替わりの総菜1品が付く。同社経営企画室の星野亜紀子さんは、「メニューは子どもたちが好きなものを中心に、おなかいっぱいになるように考えた。ランチタイムが楽しくなるように、見た目も華やかに仕上げた」と話す。

[広告]

 テークアウトのほか、風邪などを引いていない元気な状態なら2階でイートインもできる。イートインの場合は、「松本山雅牛乳」を1杯無料でサービスする(中学生まで)。

 新型コロナウイルスの感染防止対策として、松本市内の小中学校は3月2日から休校になっている。「飲食店に勤める友人が、子ども用の弁当の提供を始めたことを知って、私たちにも何かできることがあるのではないかと思った」と星野さん。神田文之社長に相談して、検討を進めた。「私にとっては、『子ども食堂』が一つの夢でもあったので、その第一歩にもなった」

 星野さん自身も2児の母。「3食用意するのはやはり大変。1食でも外に出て食べることができれば楽になる」と話す。16日から提供を開始。訪れた子ども同士での交流も生まれているという。「地域のハブになるような取り組みの一つになれば。喫茶山雅にまだ来たことがない、という人も気軽に足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 価格は300円。弁当の提供時間は11時~14時で、春休み終了までを予定する。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home