見る・遊ぶ

松本でボディーメークコンテスト「ザ・レッド・カーペット」 鍛え上げた肉体美披露

昨年の様子

昨年の様子

  •  
  •  

 「美と健康」をテーマとしたボディーメークコンテスト「THE RED CARPET(ザ・レッド・カーペット)」が9月16日、まつもと市民芸術館(松本市深志3)で行われる。

 「フィットネスモデル」「スポーツモデル」「ビキニ」の3区分で、表現力やプロポーション、筋量や筋肉の分離、引き締めなどを競う。全国各地から、男女合わせて約100人がエントリー。当日は、肉体美、ウオーキング、ポージングで総合評価を行い、「フィットネスモデル」の中から、ミスター、ミスレッドカーペットをそれぞれ1人決める。

[広告]

 今年で3回目となる大会。実行委員会代表の小林優一郎さんは「ボディーメークの認知度向上を図りたいと思って始めた。筋トレ=ムキムキというイメージを持っている人も多いが、健康維持や美しい体を保つ目的がある」と話す。

 小林さんは2016(平成28)年、市内のマンションの一室でプライベートジムを開業。今年1月に移転し、パーソナルトレーニング専門店「プロフィットネス」(出川2)をオープンした。専門性の高いマシンを導入し、国家資格やトレーナーとして必要な資格を持ったスタッフたちとチームを組んで、ダイエットやボディーメークに特化した独自のプログラムを提供している。

 小林さんは「このコンテストに向けて仕上げてきた選手が全国各地から集まるので、鍛え上げた体の迫力を感じてほしい。そして、努力次第で誰でも実現できることを知ってもらう機会になれば」と呼び掛ける。

 13時30分開場、14時開始。料金は3,000円。

  • はてなブックマークに追加