暮らす・働く

松本・平田に24時間営業フィットネス店 「初動マシン」導入で健康づくりにも

「スタッフがいる時間帯に、お気軽に相談を」と呼び掛ける

「スタッフがいる時間帯に、お気軽に相談を」と呼び掛ける

  •  
  •  

 松本・平田の国道19号沿いにフィットネスクラブ「ドリーム・フィットネス」(松本市平田東3、TEL 0263-87-3693)が6月23日、オープンした。

 辰野町出身で、創造学園大学付属高校(現・松本国際高校)のエースとして甲子園にも出場した赤羽晋さんが開業。24時間営業で、スタッフがいない時間帯は、指の静脈認証によるセキュリティーシステムを用いて店内に入り、マシンの利用ができる。「運動機能の向上や、ダイエット、健康づくりなど多様な目的と、利用者それぞれのライフスタイルに合わせられる場所にしたいと考えた」と赤羽さん。「スタッフに相談してメニューを組み、慣れてきたら自分の都合のいい時間に利用してもらえれば」と話す。

[広告]

 関節の可動域を広げて固まった筋肉をほぐす「初動マシン」を6台導入。肩凝りや腰痛などの解消や健康づくりなど、幅広い世代での利用を勧める。「運動不足や日々の疲労で筋肉が硬くなると、関節の動きが悪くなって痛みが出る。動かすことで筋肉が活性化される」。赤羽さん自身、大学、社会人で野球を続ける間に腰の手術を3度経験。リハビリで同マシンを使い、「アスリートだけではなく、幅広い世代の方に役立つのではないか」と感じたという。

 赤羽さんは2015年に現役を引退。「高校時代にお世話になった地で、何か恩返しとなるようなことができれば」と松本に移住し、開業の準備を進めてきた。今後は、出張講座など地域の健康づくりとなるような活動にも力を入れていきたいという。「健康寿命延伸都市を掲げる松本で、健康づくりのお手伝いがしたい。地域の皆さんに愛される店にしていければ」とも。

 営業時間は24時間。スタッフが在駐するのは10時~19時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。月額利用料は、一般=6,000円、学生、60歳以上=4,000円。

  • はてなブックマークに追加