暮らす・働く

松本市が「シェアサイクル」運用開始 14拠点、電動アシスト付き自転車100台導入

国宝松本城をバックに行われた出発式

国宝松本城をバックに行われた出発式

  •  
  •  

 松本市が、シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を活用したシェアサイクル事業を3月27日、開始した。

ミス松本・平岡朋花さんや坪田副市長も試乗

 シェアサイクルは、拠点となる専用駐輪場(ステーション)で自転車の貸し出し・返却ができるシステム。JR松本駅や松本城、イオンモール松本など市中心部14カ所にステーションを設け、電動アシスト付き自転車100台を導入。いずれも順次拡大・増車を図る。

[広告]

 利用料金は、15分=60円、1日=1,000円で、24時間365日利用可能。スマホアプリをダウンロードした後、基本情報を登録して予約する。支払いは事前に登録したクレジットカード、Yahoo!ウォレット、携帯キャリア決済のいずれかで行う。

 借りるときは、予約時に発行された暗証番号を入力。利用中、ICカードを登録すると鍵の代わりになり、カードをかざすだけで解錠できるようになる。返却は、どこのステーションでも行うことができ、戻した際に非接触コイルを接続することで充電する。

 市と協働で運用を行う「Open Street(オープンストリート)」(東京都港区)は現在、全国約160市区町村でサービスを展開。横井晃社長は「地域に根付いた短距離交通インフラとして、愛されるシェアサイクルにしていきたい」と話す。

 27日には松本城公園で出発式が行われた。坪田明男副市長は自動車中心から歩行者優先への転換を図る市の次世代交通政策を紹介し、「市民や観光客などさまざまな人に利用してもらい、松本の魅力を発見してほしい」と呼び掛けた。

 現在運用している公共レンタサイクル「すいすいタウン」も、当面は継続する。

 ※3段落目の利用料金に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

  • はてなブックマークに追加