食べる

松本・大手にすし居酒屋「金波」 旬の魚をメインに、韓国料理も

店内の様子

店内の様子

  • 94

  •  

 松本・大手にすし居酒屋「寿しと酒菜 金波(きんぱ)」(松本市大手4、TEL 0263-55-4890)が2月24日、オープンした。

 店舗面積は約20坪。席数はテーブル、カウンター、座敷で約40席。10年ほど空き物件になっていたという店舗を改装し、和風でくつろげる空間に仕上げた。

[広告]

 「本日のおすすめ」は旬の魚を使ったものが中心で、刺し身をはじめ焼き物や煮物などを提供する。すしのセットは(梅=1,400円、竹=1,900円、松=2,400円)の3種類で、単品は1貫150円~。ほかに、「海鮮バター焼き」(小=700円、大=1,500円)、「海鮮と野菜チーズ焼き」(550円)など鉄板焼きや、「海鮮チヂミ」(800円)など韓国料理も用意する。

 板前が和食を、女将(おかみ)の田上南さんが韓国料理を手掛ける。田上さんは、30年ほど前に韓国から来日し、松本駅近くで韓国料理店を営んでいたという。「すしをメインに、つまみはバリエーション豊か。駅からは少し離れるが、ちょっと遠くても満足できるような店にしていきたい」と話す。

 営業時間は17時~翌2時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home