食べる

松本でラーメンイベント「信越麺戦記」 北海道から福岡まで各地のラーメン集う

にぎわいを見せる会場の様子

にぎわいを見せる会場の様子

  •  

 イオン南松本店(松本市双葉5、TEL 0263-29-0316)で現在、全国各地のラーメン店が参加するイベント「信越麺戦記Part9 御当地ラーメン南北争乱の章」が開催されている。

 9回目となる同イベント。NEOブランド祭りからスタートし、前半(4月24日~30日)、後半(5月1日~7日)の3部構成で開催する。

[広告]

 前半は、「元祖辛味噌(みそ)ラーメン」(札幌海老秀・北海道)、「幻の鯛(たい)だし鶏白湯(パイタン)プレミアム」(渋谷我武者羅TOKYO・東京)、「男の濃熟豚骨醤油(しょうゆ)」(麺匠文蔵・長野)、「燕三条中華そば」(らーめん潤・新潟)、「愛媛宇和島鯛塩そば」(鯛塩そば灯花・愛媛)、「北九州濃厚美白乳豚らぁめん」(北九州毘侍家・福岡)の6品を提供する。

 後半は、「濃厚東京スタイル味噌らーめん」(ど・みそ・東京)、「濃厚炙(あぶ)りチャーシュー味噌豚骨」(じゃぐら×百麺・東京)、「信州極味噌肉そば」(吟屋・長野)、「佐渡前あご出汁(だし)潮らーめん」(市松・新潟)、「名古屋コーチン黄金醤油そば」(ラーメン麦ゆ・京都)、「焦がし濃厚鶏塩パイタンの炙り肉盛りそば」(麺や鳥の鶏次・大阪)を用意する。

 連休の恒例となった同イベント。平日は昼食や会社帰りに利用するサラリーマンの姿、休日は家族連れなどを中心ににぎわいを見せている。プロデューサーの塚田兼司さんは「全国各地のラーメンを松本で楽しめる機会。前半・後半とラーメンも変わるので、何度も足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 ラーメンは1杯800円(チケット制)。会場は同店東側駐車場。営業時間は10時~20時(最終日は17時閉場)。5月7日まで。