見る・遊ぶ 買う

松本・浅間温泉で長谷川正治さん陶展 定番&新作スリップウエアなど350点超

「できないことがあるから面白い」と長谷川さん

「できないことがあるから面白い」と長谷川さん

  •  
  •  

 松本・浅間温泉の「手仕事扱い処(どころ)GALLERYゆこもり」(松本市浅間温泉3、TEL 0263-46-2066)で現在、陶芸家・長谷川正治さんの個展「いつもの器と…」が開かれている。

定番作品と新作のスリップウエア

 皿やマグカップ、急須、酒器、花器、オブジェなど約350点を展示。長谷川さんの代表作ともいえる「オレンジと織部」や「ブルーグレーと黒」、「パステル」や「キセトアメ」シリーズなどさまざまな作品が並ぶ。

[広告]

 1年前から取り組み始めたというスリップウエアは、飴釉(あめゆう)を使った茶系のものと、パステル系のものを用意。工房のスタッフからスリップウエアについて問われたことがきっかけとなり、作り始めたという。「線を引き、模様を動かす感覚が面白い。高い技術が必要だが、難しければ難しいほどやりがいを感じる」と長谷川さん。いくつもの色が波打つように描かれたものや、内側と外側の両面に模様があるものも。

 お面やオブジェは、恐竜の図鑑やアフリカのお面からイメージを膨らませて制作。器を作る際に余ってしまった粘土を混ぜて用いるため、模様のように仕上がるという。「これまでいろいろなことに取り組んで蓄積したものと、偶然や失敗から得たこと、両方あってこそ作品が生まれる」

 長谷川さんは千葉県富津市在住。同じく陶芸家の妻・松浦唱子さんと共に「enfab」を運営しながら、作陶活動を行っている。同ギャラリーがオープンして初めて展示会を開いたのが長谷川さんで、個展・夫婦2人展を合わせて同展が5回目となる。「いつも意欲的で、新しいことに取り組む長谷川さんの姿勢が、これだけ多くのシリーズ、形のバリエーションの豊かさに反映されている」と同ギャラリーの瀧沢一以さん。

 期間中は、長谷川さんの器を使って近くの「グリム洋菓子工房」の焼き菓子と飲み物をセットにして提供する(500円)。「見た目も楽しく、使い心地も良い長谷川さんの器を試してもらえれば」

 作品は全て販売する。カップ、皿=2,700円~、マグカップ=3,780円~など。営業時間は10時~18時。木曜・金曜定休。10月30日まで。

  • はてなブックマークに追加