3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

松本で恒例「サマーフェスト」開幕 周辺店舗の割引券配布で回遊性向上も

会場の様子

会場の様子

  • 0

  •  

 松本パルコ前の花時計公園(松本市中央1)で現在、「松本サマーフェスト2016」が開催されている。

 市内の飲食店を中心に約30店が出店する。ビールは購入時にグラス代金を預かり、グラス返却時に代金を返すデポジット制で提供。初登場となる「ヴァルシュタイナー」や、「ビットブルガー」「エルディンガー」などのドイツビールのほか、「穂高地ビール」「富士桜高原麦酒(ビール)」などの地ビールも取りそろえる。ビール以外に、ワインやカクテル、ノンアルコールドリンクなども。復興支援ブースも設け、東北地方の日本酒や熊本県の焼酎の販売も行う。

[広告]

 フードはソーセージ、ピザ、焼きそば、たこ焼き、ラーメンや、かき氷やジェラートなどのデザート類も用意する。ステージでは県内外のアーティストによるライブも。

 前身の「オクトーバーフェスト」から数えると10回目となる同イベント。「会場だけではなく、回遊する流れを作り、街全体を盛り上げたい」と同実行委員会プロデューサーの山村和永さん。期間中は、協賛する飲食店や美容室など約100店で使える200円分の割引券を配布する(平日200枚、土曜・日曜400枚)。これまでも、会場で配布する冊子で周辺店舗を紹介したり、訪れた店でスタンプをもらうことで抽選に応募できるようにしたりしていたが、今回はさらに回遊性の向上を図る。

 初日の18日は、仕事帰りに立ち寄る人たちや観光客など多くの人でにぎわった。「『ここで飲むために来た』という観光客も年々増えてきている」と山村さん。「節目の10回目。これからも『食』を通じて地域の活性化をしていければ」とも。

 開催時間は17時~21時(土曜・日曜は11時~)。8月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home