買う

松本・梓川にギフト&ライフスタイルショップ、「食」コンセプトに和洋折衷など提案

店内に入ると季節感を感じるディスプレーが出迎える

店内に入ると季節感を感じるディスプレーが出迎える

  •  
  •  

 松本・梓川に7月13日、ギフト&ライフスタイルショップ「Three little song birds(スリーリトルソングバーズ)」(松本市梓川倭、TEL 0263-87-7923)がオープンした。

信州産の果実を使った「ドライフルーツ」も

 店舗面積は約100坪。「食」をコンセプトにした商品展開で、ライフスタイルやギフトアイテムを提案する。運営は和雑貨を扱う「WABI×SABI」、「風の唄」などを手掛ける中村漆器産業(塩尻市木曽平沢)。

[広告]

 フロアはキッチン、バス&クロス、フレグランス、キッズ、ギフトなどテーマごとに展開する。和のアイテムを集めた「WABI×SABI」のコーナーも。「洋風の食卓に漆の食器を合わせたり、逆に和風の食卓に洋食器を取り入れたりと、『和洋折衷』を楽しんでほしい」と同社ショップ統括マネジャーの中村健一郎さん。「漆器に対して高級なイメージを持っていて、自分の生活にはなじまないと感じている人も多いが、意外と気軽に使えるもの。もっと自然に漆器を使えるように、ライフスタイルとして提案できれば」と話す。

 キッチンアイテムは、和洋の食器をはじめキッチンツールや、塩、しょうゆなどの調味料もそろえる。信州産の果実を使った「信州産手づくりジャム」(735円~)や「ドライフルーツ」(840円~)など同店オリジナル商品も。キッズコーナーには、本社と同じ木曽平沢にある酒井漆器産業のオリジナルキッズブランド「buchi」も用意。子どもたちが木のおもちゃなどで遊べるスペースも設ける。「3世代で来ても、皆が楽しむことができる」と中村さん。

 店内の柱や壁は黒板のようになっているところが多く、商品の説明やイラストが描かれている。「季節感を大事にしたい」と、シーズンごとのディスプレーにも力を入れ、現在は涼しげな色の食器や、風鈴、うちわなどの夏の和雑貨などを中心に飾る。今月10日~16日は店内特設スペースで「夏休み縁日大会」を開催。昔ながらのおもちゃやラムネなどの販売を行う。

 「今の生活にちょっと季節感を取り入れたいときや、大切な人に贈り物をしたいときなどに、きっとすてきなものが見つかるはず」と中村さん。「ギフトの相談なども気軽にしてもらえれば」とも。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加