3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

松本のギャラリーカフェで「生活」テーマの器展-急須や皿など200点

「生活の道具」を意識して制作した器が並ぶ

「生活の道具」を意識して制作した器が並ぶ

  • 0

  •  

 松本のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、陶芸家・大胡(だいご)琴美さんの作品展「大胡琴美的生活ノ道具」が開催されている。

色も形も少しずつ違う急須

 カップや皿などの食器、花器など約200点を展示する。「『生活の道具』ということを意識して制作した」と大胡さん。作品は、白・水色・ブロンズとシンプルな色合いのものが中心。釉薬(ゆうやく)に細かいひび状のものが入る貫入(かんにゅう)入りや、内側が貝殻のような質感のものなど、大胡さんの定番作品も多数並ぶ。「貫入の入っているものは、使うほどに茶渋などがひびに入り込む。器を育てているような感覚を感じてもらえると思う」

[広告]

 ワイングラスは、液体が流れやすいように、グラス部分にガラス質の釉薬を掛けたという。「今までは質感がマットなものが多かった。マットなものは色が付きやすいので、今回は実用性を求めて、ガラス質の釉薬を使った」。箸置きはシメジの形をしたものと、ご飯粒の塊をデザインしたものの2種類を制作。食卓に楽しさも添えたいと、それぞれに「ヘルシーなきのこ」「ごはんつぶですよ!」と、ユニークなタイトルを付けた。

 今回初めて制作したという急須は、1階のカフェで水切れを確認することができる。「少しでも使い心地の良いものを選んでもらいたいので。(急須は)水切れや茶葉をちゃんとこせるかなど、作り手の技量がわかってしまうアイテム。試していただき、実際の声を聞かせてもらえたら。もっと勉強してさらに良いものを作っていきたい」

 「課題は多いが、今後に生かせるので頑張りたい」と大胡さん。「形がきれいなだけでなく、使いやすさを含めた本当の意味での『きれいなもの』を作っていきたい」とも。

 作品は販売も行う。皿=2,500円~、箸置き=850円~、急須=4,300円など。営業時間は11時~20時。火曜と第1・3月曜定休。入場無料。3月31日まで。

Stay at Home