食べる 見る・遊ぶ

上高地線で「クリスマスワイン電車」運行-「渕東なぎさ」ラベルワインも

「クリスマスワイン電車」チラシ

「クリスマスワイン電車」チラシ

  •  

 アルピコ交通(松本市井川城2)は12月21日、「上高地線 クリスマスワイン電車」を運行する。

 山辺ワイナリー(入山辺)との共催イベント。松本駅を出発し、車内でワインの試飲や特製弁当を楽しみながら新島々駅でいったん下車。同駅でワインの試飲販売などの後、松本駅まで戻る。「ワインをゆっくり楽しめるように」と往路は約40分、復路は約30分を予定する。

[広告]

 上高地線の活性化施策の一環として企画運行している季節に応じたイベント列車。「ワイン電車」は4年前から毎年秋に運行、今年も11月に運行した。「昨年12月は『忘年会電車』として各種アルコールを楽しめる企画を行っていたが、先月の『ワイン電車』が好評だったのと、今回はクリスマスに合わせてワインを楽しんでいただければと思い企画した」と同社担当者。

 今秋から同線のイメージキャラクター「渕東(えんどう)なぎさ」を活用したPRに力を入れる同社。若手社員を中心にプロジェクトチームを結成し、新商品開発などアイデアを出し合っているという。11月のイベントの際は、松本産ブドウを100%使用した「渕東なぎさワイン」を用意し、完売。「これまで、電車好きの方、ワイン好きの方に参加していただいていたイベントだったが、そこに『なぎさファン』が加わった」。12月1日には同ワインの販売を開始。同イベントでも、同ワインが付くプランを用意する。

 集合は18時(松本駅)。料金は3,000円(電車往復運賃、弁当代)、ウェブ限定プラン(りんごクッキー付き)3,500円、同(ワイン付き)4,500円。申し込みは今月18日まで。駅窓口(新島々駅、波田駅、新村駅、松本バスターミナル)、電話(新島々駅、TEL 0263-92-2511)、インターネットで受け付ける。