3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う

松本で服飾デザイナーが個展-冬に向けてコートや手袋など200点

ギャラリー内にはさまざまな冬のアイテムが並ぶ

ギャラリー内にはさまざまな冬のアイテムが並ぶ

  • 0

  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、服飾デザイナー・百瀬陽子さんによる個展「ようさん工房の“冬のヨウイ!”展」が開催されている。

かわいらしい刺しゅうが施された手袋

 同展ではコートやスカートなどの洋服のほか、バッグやポーチ、ヘアアクセサリーなど200点以上の作品が並ぶ。これからの季節に向けて、ウールやコーデュロイなどの温かみのある素材で作られたものばかり。肌触りにこだわったという湯たんぽカバーは「自分も使っているが、肌に触れた時に気持ちが良いと、幸せな気分になる」と百瀬さん。

[広告]

 鳥の形をしたポーチは2サイズを制作。以前参加した鳥がテーマの企画展で作ったことがきっかけで作り始めたという。さまざまな色のコーデュロイ生地をパッチワークした。「コーデュロイが好き。落ち着いた色合いでまとめた」

 百瀬さんの「自信作」は手袋。ミトンタイプで、表面にはリボンや雪の結晶が刺しゅうされている。内側はフリースを使用しているため、柔らかく暖かい。「刺しゅう糸でなく、細い毛糸で刺しゅうすることで、温かみが出た。肌触りも気持ちが良い」

 「ようさん工房」の名前で活動する百瀬さん。主に古布やアンティークの布を使った服飾雑貨を制作している。同展の作品も、古布や譲ってもらった毛糸などを使った。同店での個展は6回目で、「同じ場所で経験を重ねていけることは、心にゆとりができる。ホームグラウンドのような感じ」と百瀬さん。「最初のころは慌てふためいて作っていたな…と、思い返しながら制作していた。今後は自分の作品を楽しみにしてくれる人が増えたらうれしい。そのために進化していきたいし、作家性を出せる作品を作っていきたい」と話す。

 作品は販売も行う。価格は、湯たんぽカバー=4,800円~、トリポーチ=2,000円~、手袋=5,000円など。

 営業時間は11時~20時。火曜と第1・3月曜定休。入場無料。11月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home