プレスリリース

【長野県飯綱町】新たにできる庁舎の連絡通路に貼る復活再現した赤塩焼のタイルを地元の小学生と製作します!

リリース発行企業:飯綱町

情報提供:


今年の8月に完成予定の飯綱町役場庁舎の連絡通路に貼る飯綱町の文化財「赤塩焼」のタイルを、飯綱町の小学生と赤塩焼復活を手掛ける陶芸家が一緒に製作します。
江戸時代後期、文久3(1863)年から60年ほど飯綱町赤塩地区で焼かれていた焼物、赤塩焼。2016年8月に地域おこし協力隊として就任した陶芸家の冨高俊一氏(現在は集落支援員)が中心となり、地域の皆様とともにその伝統復活を目指し、赤塩焼の再現を進めています。その再現させた赤塩焼のタイルを、新たにできる庁舎の連絡通路に貼るため、飯綱町の小学6年生と冨高氏が一緒になって約5,000枚を製作し、その一部を小学生が自ら張り付ける予定です。


【URL】飯綱町公式ホームページ https://www.town.iizuna.nagano.jp/


1月に完成し、一分供用開始されている飯綱町役場第1庁舎
赤塩焼タイルのイメージ(いいづなコネクトEAST)


製作の日程及び場所について
□牟礼小学校6年1組 5月7日(金)、6年2組 5月10日(月)
□三水小学校6年生 5月14日(金)
  それぞれ、各小学校にある電気窯で製作予定。

※製作した赤塩焼タイルは、7月ごろ新庁舎の連絡通路に製作した小学生と一緒に貼る予定です。

【お問い合わせ先】
飯綱町総務課総務係
TEL:026-253-2511(平日 8:30~17:15)
e-mail:soumu@town.iizuna.nagano.jp

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース