プレスリリース

南木曽ろくろ・木曽漆器職人と出会う 後継者育成インターンツアー【12月3、4日開催】

リリース発行企業:株式会社ニッポン手仕事図鑑

情報提供:

○概要 株式会社ニッポン手仕事図鑑(本社:東京都中央区 以下、ニッポン手仕事図鑑)は、3回目となる「後継者育成インターンツアー」を開催。長野県の2つの工房を、 12月3日、4日にかけて1泊2日で巡り、参加者の職人としての就業と移住をサポートします。


南木曽ろくろ・木曽漆器職人と出会う 後継者育成インターンツアー


○内容
2020年にむけて、注目が集まりつつある日本の伝統工芸品。
しかし、各地の伝統工芸品産地・工房では、後継者不足が深刻な問題となっています。
一方、若者達の間では手仕事をしたい、伝統工芸品の職人になりたいという人が着実に増えているものの「インターネットで求人情報を見つけられない」「工房見学をしたいが受け入れてくれるか心配」という声も。
工房と若者達の出会う場が少ないことが、後継者問題の大きな課題の一つです。

そこで私たちニッポン手仕事図鑑では、長野県の伝統的工芸品産地活性化プロジェクト(※)の一環として、工房見学・職場体験をする1泊2日のインターンツアーを2018年度より開催しています。

3回目となる今回は、長野県の南木曽町と塩尻市にて、南木曽ろくろ・木曽漆器の2つを体験。
全国からの応募の中より選びぬかれた、ものづくりの道を志す大学生・専門学生・社会人6名が参加します。

ツアーの中では、若手の職人や自治体の方々との、懇親会・質問会の場も設けます。
職人として働いていくために必要なことや、移住についてのアドバイスなど、様々な観点から就業と移住を後押しします。

今回のツアーを通して、未来の後継者が生まれることを、私たちは強く願っています。

当ツアーの取材をご希望される方は、お問い合わせください。
https://nippon-teshigoto.jp/contact


※長野県の伝統的工芸品産地活性化プロジェクト
「伝統的工芸品産業支援補助金」制度(経済産業省主催)の採択を受け、2018年よりニッポン手仕事図鑑が進めるプロジェクト。これまで長野県の伝統工芸品7か所にて工房の映像制作やインターンツアーを開催。


【ツアー概要】
開催日:
2019年12月4日(水)、5日(木)

取材可能時間:
12月4日(水)14:00~17:00
・「ヤマイチ小椋ロクロ工芸所」にて南木曽ろくろ細工の体験
・参加者と職人、自治体の方々との懇親会

12月5日(木)9:00~15:30
・「丸嘉小坂漆器店」にて南木曽ろくろ細工の体験
・参加者と職人、自治体の方々との懇親会

■『ニッポン手仕事図鑑』について
ニッポン手仕事図鑑は、「ニッポンの手仕事を、残していく」をコンセプトに2015年1月にリリースされた、日本が誇る職人の手仕事、地方の文化や伝統工芸を、映像で紹介している動画メディアです。
https://nippon-teshigoto.jp

  • はてなブックマークに追加