天気予報

30

22

みん経トピックス

松本城で甲冑武者と記念撮影上高地のホテルがEV導入

浅間温泉で若手ガラス作家が初個展-「生き物」モチーフの作品中心に

  • 0
浅間温泉で若手ガラス作家が初個展-「生き物」モチーフの作品中心に

柔らかい雰囲気の作品が並ぶ。奥の部屋には卒業制作など大きな作品も。

写真を拡大 地図を拡大

 浅間温泉の「手仕事扱い処GALLERYゆこもり」(松本市浅間温泉3、TEL 0263-46-2066)で現在、ガラス作家・梶田多恵さん(27)の個展「…夢の中へ…」が開催されている。

「つぼ子さん」

 梶田さんは愛知県出身。名古屋造形芸術大学在学中に、交換留学生として訪れたアメリカのカーネギーメロン大学でガラスのアート作品を見たことがきっかけでガラスに興味を持ち、制作を始めた。富山ガラス造形研究所(富山県)を経て、現在は瀬戸市新世紀工芸館(愛知県)の研修生として制作を行っている。

 同展は梶田さんにとって初の個展。皿やグラス、小物入れ、オブジェなど150点ほどの作品を展示する。梶田さんは主にパート・ド・べール(型にガラスの粉を入れて電気炉で加熱・融解・冷却する技法)やブロー(吹きガラス)という技法で制作を行っている。「パート・ド・ベールはマットな質感が特徴。一般的には透明なガラスが、フワッとした柔らかい雰囲気になる。そういう『表情』が好き」と梶田さん。皿や小物入れなどにパート・ド・ベールの技法を用いている。

 針山には「はり山さん」、つぼ形の小物入れには「つぼ子さん」など名前が付いている作品や、猫の手の形をしたスプーン、空想のキャラクターを描いた皿など、「生き物」をテーマにした作品が多い。「作品は子どもみたいな感覚なので名前を付けたくなる」と梶田さん。「オブジェの名前を聞いたら『毛姫です』と言われて…。わからないですよね(笑)。とても独創的」と同ギャラリーの瀧沢一以さん。「ガラスは生き物みたいだと思っていて…。生き物だけど、道具。道具は100年たつと妖怪になると言われているので…(笑)」(梶田さん)。

 同展開催のきっかけとなった卒業制作作品も展示。「作品を見たときキュンときた(笑)。卒制展で展示依頼したのは初めて」と瀧沢さん。ヒョウタン型の大きな箱で、ふたには空想の生き物が、内側には連なる人がデザインされている。「テーマは『心の遺伝子』。つながるのは血縁の遺伝子だけでなく、工芸などの技法や精神も人から人へつながっていく。その人が死んでも継承されていく。精神的なものを表現したかった」(梶田さん)。

 「ガラスは制約が多く大変なことが多いが、その分やる気を起こさせてくれる素材」と梶田さん。「日常生活が楽しくなったり、心の安らぎになったりするような作品を作り続けていきたい。同じものは二つとなく、ここでしか出会えないものばかりなので、ぜひ手に取って見てほしい」とも。

 作品は販売も行う。皿=2,800~、グラス=2,000円~、ぐい飲み=2,500円、はり山さん=3,500円、つぼ子さん=6,500円など。営業時間は土曜・日曜・祝日の10時~18時。平日に来店希望の場合は事前に要連絡。7月25日まで。最終日は梶田さんも在廊予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本パルコ近くの豆菓子専門店「豆吉本舗松本店」が甘味処「豆茶房」を併設してリニューアル。これまで豆菓子を販売していた蔵造りの店舗は落ち着いた喫茶スペースに
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング