クラフト作家6人が「袋物」だけの企画展-松本のギャラリーカフェで

作家の個性が出た作品が並ぶ。

作家の個性が出た作品が並ぶ。

  •  
  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、クラフト作家6人による企画展「ふ・く・ろ展4」が開催されている。

Nuage blancの米袋をモチーフにした作品。

 同展では、バッグやポーチなどの「袋物」作品約100点を展示する。出展はKoshi Fumie(輿文恵さん)、naruse(成瀬文子さん)、nagi botan(阿久津清子さん)、Nuage blanc(山口よしこさん)、vapor trail.(河西美和さん)、すみれ洋裁店(松崎緑さん)の6人。

[広告]

 ギャラリーには作家の個性が表れた「袋」が並ぶ。Nuage blancは、米袋がモチーフのユニークな作品を出品。厚手の生成生地で、袋に縫い付けたひもに付けたフックで開閉する仕組みになっている。すみれ洋裁店はバラをテーマにした作品を展開。シンプルなデザインの袋にバラ柄の記事を縫い付けアクセントにする。「砂漠のバラ」と名付けた箱庭も展示。

 naruseのデザイナー・成瀬文子さんは、自身が持つもう一つのブランド「couleul(クルール)」の作品も出品。「前回の『ふくろ展』でほかの作家さんがバッグだけでなくいろいろな袋物を出していたのを見て、ペンケースなどの雑貨を展開している『クルール』の作品も出そうと思った」と成瀬さん。クルールの作品は、成瀬さんがデザインしたオリジナルのイラストがプリントされている。蛍光色でプリントされたイヌや木の実が愛らしい作品。

 Koshi Fumieの同店での作品展示は初めて。主に古布を使用し、刺し子で布にデザインを施す。「古くなったブラウスを丈夫にするために刺し子をしてみたら周りから好評だったので、作風にしようと思った」とKoshiさん。落ち着いた色合いの布を使うことが多いが、同展のためにピンクなどの鮮やかな色の布を使用した作品も制作したという。

 「裏地や内ポケットなど細部にこだわった丁寧なつくりの作品ばかりなので、じっくり見てほしい」と同店の熊谷幸枝さん。「バッグは春一番気になるアイテム。鏡もあるので心ゆくまで合わせてもらえれば」とも。

 作品は1,000円~10,000円台で、すべて販売する。営業時間は11時~20時。火曜と第1・3月曜定休。入場無料。今月28日まで。

  • はてなブックマークに追加