買う

松本・元町にオーガニック中心の自然食品店「くるみ」 日常に取り入れるきっかけに

スパイスやレトルトなどカレーの商品を集めた「カレーフェア」コーナーも

スパイスやレトルトなどカレーの商品を集めた「カレーフェア」コーナーも

  • 16

  •  

 オーガニックを中心にした自然食品を扱う「Organic&Natural くるみ」(松本市元町1、TEL 0263-87-8471)が松本・元町の西友元町店東側にオープンして約2カ月が過ぎた。

 有機JAS認証された商品をはじめ、添加物を極力使っていないものをセレクト。和洋中問わず、塩や砂糖、しょうゆ、ソースなどの調味料をはじめ、そば、パスタ、お茶、チョコレートやクッキーなど多彩なアイテムが並ぶ。店主の横山カオリさんは「オーガニックと聞くと、何となくハードルが高いイメージを持つ人も多い。価格面でも、気分的にも、気軽に取り入れられるものを意識している」と話す。

[広告]

 大阪の老舗ごま専門メーカー・和田萬は豊富な品ぞろえで、国産ごまを使ったいりごまや練りごまなども。「意外に思う人も多いが、実はごまの自給率は0.1%。国産ごまは粒が小さく、繊細な味」と横山さん。ほかに、自然食品を扱う「オーサワ」や「ムソー」のアイテムも扱い、取り寄せにも対応する。

 横山さんは松本市出身。東京で過ごした後、2011(平成23)年に大阪に移住し、「和田萬」に勤めた。もともと食べることが好きだったというが、「和田萬に勤めたことがきっかけで、『おいしくて自然のものを食べたい』という思いがいつの間にか自分の軸になっていた」と振り返る。一昨年から大阪と松本を行き来しながら生活していたが、コロナ禍で難しくなり、Uターンを決意。「戻ってきて、自分が買い物できる店が少ないと感じた。いずれは自分の店を持ちたいという気持ちもあったので、だったら始めてみようかと思った」。当初、事務所用に借りていた物件を店舗として開業した。

 「イメージしているのは道の駅。ちょっと立ち寄って、何があるのか見てもらって、気になるものを手に取ってほしい」と横山さん。今後は、有機野菜など生鮮食品を含め、徐々に商品を充実させたいという。「体に良いことや安心も大事だが、『おいしい』が一番なので。無理せず日常的に使ってもらえるきっかけになれば」とも。

 営業時間は10時~18時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加