食べる

安曇野で大寒の日の卵で作るバウムクーヘン 「食べて元気に」パッケージ一新

「大寒たまご限定 あづみ野バウム」

「大寒たまご限定 あづみ野バウム」

  • 53

  •  

 大寒の日に生まれた卵で作るバウムクーヘン「大寒たまご限定 あづみ野バウム」の予約販売が安曇野市の洋菓子店「あづみ野菓子工房 彩香」(安曇野市穂高柏原、TEL 0120-049-719)で始まった。

今年新たに用意した専用のパッケージ

 農事組合法人会田共同養鶏組合(松本市会田)で飼育されている純国産鶏「ごとうもみじ」が、今年の大寒に当たる1月20日に生んだ卵のみを使う。「寒たまご」とも呼ばれる小寒から節分の時期に生まれた卵は、食べると無病息災や金運アップにつながるといわれている。運営する松本荻原製菓(同)の荻原隆之社長は「暑い時期と比べて、寒い時期は水を飲まず餌を食べるので、卵が濃く、栄養価が高い」と話す。

[広告]

 これまではパッケージは通常商品と同じものを使っていたが、今年は赤色で中央に卵を描き、その周りに金色をあしらった専用のパッケージを用意した。「コロナ禍に、少しでも明るく元気な気持ちになれるようにと願いを込めた」と荻原社長。

 同バウムクーヘンは、2011(平成23)年に販売を開始。縁起物として口コミを中心に評判が広がり、最初は300個だった販売個数も年々増えてきた。「今年は縁起担ぎしたいという人が多いのか、例年より動きが早い。おいしいものを食べて、寒い季節を乗り切ってもらえれば」とも。

 価格は1,944円。シリアルナンバー付き、2000個の限定生産。インターネットで予約販売を受け付けているほか、21日より「彩香」本店、MIDORI長野店、MIDORI松本店で店頭販売する。

  • はてなブックマークに追加