3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

食べ歩きブロガーが情報サイト「ウチメシまつもと」 スピード感重視し飲食店支援

エリアや商品から探せる検索機能も備える

エリアや商品から探せる検索機能も備える

  • 100

  •  

 松本市在住の食べ歩きブロガーによる地域と食の情報サイト「ヤミツキマツモト」が、新型コロナウイルスの影響を受けている地元飲食店を応援しようと、テークアウトを行っている飲食店を紹介するサイト「ウチメシまつもと」を4月13日、立ち上げた。

広域松本圏で飲食店のテークアウト&デリバリー情報を発信しているサイトまとめ

 現在、松本市内を中心に100件以上の情報を掲載する。マップ上で対応店舗を確認できるほか、商品やメニューの写真、ツイッターの投稿なども合わせて紹介。エリアや商品から探せる検索機能も備える。「ヤミツキマツモト」を運営するコムさんは「視覚的に探せるマップや検索機能で、テークアウトを身近に感じてもらえればと考えた。素人なりの素人にしかできない情報の集約と実用的なツール化を目指している」と話す。

[広告]

 「ヤミツキマツモト」は2015(平成27)年11月にスタート。その前からコムさんは、12年ほど食べ歩きの記録をブログサイトでつづっていたという。「いろいろな反響を頂く中で、日記のような食べ歩きの感想だけではなく、店の情報も発信すれば役に立つのでは」と新たに立ち上げた。ユーチューブなども用い、「松本発・食のエンターテインメント」として発信を続けている。

 「飲食店をめぐる状況が苦しい中、テークアウトなど工夫している姿を応援したい」と3月ごろから情報を募ってきた。「ヤミツキマツモト」のツイッターでは、飲食店の情報をリツイートしている。「個人でやっていることなので、内容は完璧じゃないかもしれないが、今回のような非常事態にはスピードが大事だと思っている」とコムさん。他の情報サイトとの連携を模索しながら、他とは視点を変えた展開も検討している。「写真があるとやはり目を引くので、そのあたりの情報を店側から提供してもらい、充実させていきたい。これまで知らなかったテークアウトの店と出会ってもらえるきっかけになれば」とも。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home