見る・遊ぶ

松本のギャラリーで「台所展」 「お気に入りで楽しく」雑貨や布もの、本も

「本は渋めのセレクトなので、じっくり見てもらえれば」と幸枝さん

「本は渋めのセレクトなので、じっくり見てもらえれば」と幸枝さん

  •  
  •  

 台所雑貨を集めた企画展「台所展10」が現在、松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で開催されている。

定番から珍しいものまで幅広いアイテムが並ぶ

 出展はようさん工房(布もの)、本・中川(本)、ninjinsan(古道具)、松野屋(荒物雑貨)など。おたまやざる、焼き網、スキレットなどの調理用品のほか、グラスやカトラリー、布巾やエプロンなど多彩なアイテムが並ぶ。

[広告]

 ようさん工房は、エプロンや前掛け、かっぽう着などを中心に出品する。エプロンは、男性にも使えるようにシックな色合いに。肩掛けのショッピングバッグは、ポリエステル素材で小さく折り畳める。コースターは、手染めの布を使った丸型のものなど数種類展開する。

 「本・中川」は、食にまつわる本をセレクト。レシピ本や絵本のほか、お酒に関するエッセーなども並ぶ。ninjinsanはドイツやポーランドのカラフルなミルや、レトロなテイストの籠などを用意する。

 定番の台所用品のほかに、ベトナムでは肉を挟んで焼いているというシンプルな焼き網や、パスタやクッキー生地などに筋を付けるための、イタリアののし台と棒のセットなどユニークなものも。パンや野菜などのポストカードもディスプレーし、楽しい空間を演出する。

 2011(平成23)年から開催している「台所展」は今回が10回目。同ギャラリーの熊谷幸枝さんが雑貨店を営んでいた経験を生かして企画している。夫の俊行さんは、「DMの文章も含め、全て任せている」と話す。幸枝さんは「普段使うアイテムでも、お気に入りのものだと気分が上がる。台所に立つ時間が少しでも楽しくなれば」と笑顔を見せる。

 価格は、コースター=400円~、ショッピングバッグ=4,300円など。営業時間は11時~19時30分。月曜・火曜定休(11日は営業)。3月1日まで。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019