3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

松本のギャラリーで「台所展」 雑貨、布もの、本など「台所仕事を楽しく」

さまざまなアイテムが並ぶ

さまざまなアイテムが並ぶ

  • 54

  •  

 台所雑貨を集めた企画展「台所展9」が現在、松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で開催されている。

 出展はnagi botan、ようさん工房(以上、布もの)、acts cobo(木工)、本・中川(本)、ninjinsan(古道具)、松野屋(荒物雑貨)など。おたまやざる、やかん、スキレットなどの調理用品のほか、グラスやボウル、布巾やエプロンなど約280点が並ぶ。

[広告]

 ようさん工房は、一つの布でいくつかのアイテムを展開し、エプロンや前掛け、かっぽう着などを用意する。デニム地をパッチワークしたベル型の鍋つかみは、同ギャラリーの熊谷幸枝さんのリクエストに応えたもの。「厚手で濃い色のものをお願いした。パッチワークの組み合わせ方も凝っていてかわいい」と熊谷さん。

 nagi botanは、布巾やお手拭き、ティーマットなど多用途に使えるミニクロスや、エプロンなどを製作。リネン素材が中心で、天日干しリネンのアイテムも並ぶ。acts coboはさまざまな形のスプーンやバターナイフなど木製カトラリーのほか、シンプルな円形のカッティングボードを出品する。

 「本・中川」は、レシピ本やエッセー、絵本など「食」にまつわる本をセレクト。ninjinsanはレトロな雰囲気のグラスや、持ち手の付いたバスケットや籠などを用意する。

 恒例となってきた「台所展」は今回が9回目。熊谷さんは、「エプロンを着て、籠を持って、本を開いて…と、いろいろ想像して楽しんでもらえれば」と話す。

 価格は、ミニクロス=850円、鍋つかみ=950円~、エプロン=4,500円~、カッティングボード=5,000円など。営業時間は11時~19時30分。火曜と第1・3・5月曜定休。2月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home