食べる

松本・城西にカフェ「YUKI.RI」 空き家リノベ、和食の「あさごはん」も

自分たちで壁を塗ったり、梁を磨いたりしたという店内

自分たちで壁を塗ったり、梁を磨いたりしたという店内

  •  

 松本・城西にカフェ「YUKI.RI(ゆきり)」(松本市城西1)が9月8日、オープンした。

おかずが5品付く「あさごはん」

 10年以上空き家となっていた、築70年ほどの物件を改装。店内は白を基調に、明るい雰囲気に仕上げた。席数はテーブル、カウンター、ソファ合わせて12席。店主の中平梨恵さんは「この建物を見たときに、『こうしたい』という気持ちが出てきた。席数を増やさず、ゆったりした空間づくりを心掛けた」と話す。

[広告]

 ご飯とみそ汁におかずが付く「土鍋ごはんと季節のおかず」は、10時までは「あさごはん」(650円)、11時30分からはおかずの数を増やして「おひるごはん」(900円)として提供。ドリンクはコーヒー(500円)のほか、「ジンジャーレモネード」(ホット=500円、ソーダ=550円)、「手いりほうじ茶」「香る春番茶(緑茶)月の雫(しずく)」(以上550円)などを用意する。「気まぐれパウンドケーキ」(400円)や「くるみのケーキ」(500円)などの季節によって変わるスイーツも。

 中平さんは長野市出身。学生時代にアルバイトをしたことで、「いつかカフェを開きたい」と思うようになったという。保育士として働いていたが、夢をかなえたいと善光寺・門前のカフェに勤務しながら準備を進めてきた。昨夏、松本に引っ越してからは物件探しも本格化。「城西エリアが面白いという話を聞いていたし、何より近所の皆さんが温かく迎えてくれたことが決め手になった」と振り返る。

 「たまに早起きして、外で朝食を取ると少し得した気持ちになるし、その後、出掛けるきっかけにもなる」と中平さん。「どうしても置きたかった」という大きなテーブルは、ゲストハウスのラウンジをイメージして、相席になっても気にならない広さを意識した。「一人で店を切り盛りしているので時間がかかることもあるが、その分、ゆっくり一息入れられるような場所になれば」とも。

 営業時間は7時30分~16時。木曜と、月2回ほど日曜定休。