3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

松本で「ママフェスまつもと」初開催 市街地3会場で体験会やフリマ

「ママフェスまつもと」チラシ

「ママフェスまつもと」チラシ

  • 53

  •  

 ママと子どもが楽しめるイベント「ママフェスまつもと2018」が6月30日、信毎メディアガーデン(松本市中央2)、松本パルコ(中央1)、花時計公園(同)の3会場で行われる。

 信毎メディアガーデンでは、手作り品の販売やワークショップを行う「ママブース」のほか、プログラミング体験を楽しむ「未来工作ゼミ」やアイシングクッキー作りなどを用意。松本パルコでは、ファミリーフォト撮影会やストライダー&スケートボードのほか、松本山雅FCとコラボした「おひるねアート」や、ボール遊び「バルシューレ」の体験会を行う。花時計公園では、「おさがりフリマ」や子ども向けの演奏会を開催。信毎メディアガーデン1階に常設されている授乳やおむつ替えのスペース以外にも、当日は3階スタジオにも休憩室を設け、授乳などもできるようにする。

[広告]

 初開催となる同イベント。「ママ向けのイベントが松本では少ない」と市内で働く子育て中の3人が昨年12月に実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。代表の今関尚子さんは「子どもができるまでは単に『住んでいる場所』だった松本が、出産や育児を通して多くの方に助けられるうちに、『生きていく街』に変わった感じがする」と話す。

 女性の活躍と街中の活性化を目指し、「街なかを子どもと一緒に歩けるような一日」を思い描いて企画。実行委員長を務める高山未央さんは「仕事と育児に加えてイベントの準備は大変だったが、地元の企業や団体、商店街の皆さんにたくさん支えてもらった。少しでも恩返しになるようなイベントにしたい」と話す。今後も継続的なイベントにしていきたいと意気込み、「子どもはもちろん、大人も一緒に楽しめる一日にしたい。家族で足を運んでもらえれば」とも。

 開催時間は10時~16時。入場無料。ワークショップは一部有料で申し込みが必要。申し込みはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home