安曇野・かじかの里公園でクラフト市&ピクニックイベント 「地域の魅力」発信

ポスターを手にする島さん(写真左)と浅川さん

ポスターを手にする島さん(写真左)と浅川さん

  •  
  •  

 安曇野・穂高の「かじかの里公園」(安曇野市穂高)で9月2日・3日、クラフト市&ピクニックイベント「And plece」が開催される。

 各日、約30のブースが出店する。アクセサリーなどのクラフト作品の販売や、マッサージやタロット占い、スラックラインやヨガの体験などのほか、飲食ブースも用意。コマや木の車を作る「工作工房」によるワークショップやワインの試飲、アウトドアブランド「Monro」とコラボした「フォトジェニックスポット」など、家族連れでも皆で楽しめるような企画も展開する。

[広告]

 主催は、同市在住のマッサージセラピスト・浅川京奈さんと、ハンドメードデザイナー・島友理奈さんが結成した「安曇野の良さを伝え隊」。もともと幼なじみの2人は、各地のイベントに出店した際に顔を合わせることも多く、1年半ほど前から「安曇野でもイベントを企画したい」と話すようになったという。「イベントは多くの人との出会いがあり、刺激になる。さまざまな人とのつながりも生まれ、充実感も得られる」と浅川さん。今年4月から本格的な準備を始めた。「これまでのつながりを中心に、多彩な店が並ぶように声を掛けた」と島さん。

 ほかのイベントとの違いも出したいと、安曇野の保育園に声を掛けて、園児たちが色を付けた布を使ったガーランドを制作。「フォトジェニックな場所づくりにもこだわりたい」と意気込む。イベント名は「自然とつながる場所」という意味を込めて付けた。インスタグラムを使い、日頃から地域の魅力を発信している2人。「安曇野の魅力が伝わるようなイベントにしたい。今後、定期的に開催していければ」と声をそろえる。

 開催時間は2日=10時~16時、3日=10時~15時。入場無料。雨天中止。

  • はてなブックマークに追加