天気予報

19

7

みん経トピックス

松本で陶芸家が個展松本市が文化芸術人材情報化

松本にパティスリー「ニューモラス」 お酒とスイーツ追求、薫製チーズケーキも

松本にパティスリー「ニューモラス」 お酒とスイーツ追求、薫製チーズケーキも

ビーカーやフラスコ型の照明など、遊び心を感じる店内

写真を拡大 地図を拡大

 松本・小屋に3月25日、パティスリー「NUMOROUS(ニューモラス)」(松本市小屋南1、TEL 0263-31-6228)がオープンした。

一つ一つ丁寧に作られるケーキ

 店舗面積は約20坪。カフェスペースも設け、テーブル6席を用意する。お酒をテーマにした同店のコンセプトは「お菓子な香りと甘み研究所」。オーナーパティシエの大塚泰裕さんは「お酒を使ったケーキ、お酒と合うケーキを追求している」と話す。

 ケーキは、アルコールを使わないものから、香りをしっかり感じるものまで、目安となるよう4段階で表示する。アーモンドクリームと洋梨をのせて焼き上げた「タルトポワール」(320円)、市内で採れたベリーを使った「ベリー」(440円)など気付かない程度のアルコールを使ったものや、口に入れたときに香りを感じる「モンブラン」(430円)、ブランデーの名前をそのまま付けた「V・S・O・P」(480円)など。アルコールを入れない「プリン」「シュークリーム」(以上200円)は価格帯を抑え、子どもから大人まで気軽に「おやつ」として楽しめるようにした。ほかに、「ショートケーキ」(420円)や季節の果物を使った「タルト・フリュイ」(400円)なども。

 「長野燻(くん)製チーズケーキ」(4号=1,180円、5号=1,900円、6号=2,700円)は、ワインやウイスキーに合うように、薫製したチーズを混ぜ込んで作り上げた。「バーで出している、チーズやチョコ、ナッツ、レーズンなどの乾き物類は、実はお菓子作りに欠かせない食材。合わないはずがない」と大塚さん。現在は予約での取り扱いだが、「松本はバーの街。いずれはバーでも提供してもらえるようにしたい」

 大塚さんは埼玉出身。東京近郊でパティシエとして経験を積み、Iターンで独立開業した。「東京は旬に関係なく何でも手に入ってしまう。おいしいものを作りたいと考えたときに、地方がいいと思った」と振り返る。いくつかの場所を検討した後、松本に決めて昨年8月に移住。物件が決まるまでの数カ月は、市内のリンゴ農家で働いた。「農業にも興味があったので、市街地から少し離れれば畑があるのも良かった。ずっと室内でスイーツを作っていたので、太陽の光を浴びて働くことが新鮮だったし、いろんな人と交流もできた」

 店名は「ユーモラス」に「新しいこと」の意味を込めて付けた造語。ロゴもフラスコや試験管で「酒」という字をかたどった。店内は、木とタイルを使った落ち着いた雰囲気で、ビーカーやフラスコ型の照明など、遊び心を感じる工夫を随所に施す。「ほかと同じことをしていても仕方がない。変わったこと、面白いことをしていきたい」と大塚さん。「ワイナリーや醸造所も多い地域なので、おいしくて面白い商品を一緒に作っていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~19時30分。月曜、第2・4火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・縄手通りに松本の土産や雑貨を扱う「monoストア」。地元企業の商品を同社デザインの統一パッケージで展開する「松本セレクトシリーズ」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング