見る・遊ぶ 買う

松本で「クリスマスのアクセサリー」展 リースやオーナメントも

多彩なアクセサリーのほかオブジェも展示

多彩なアクセサリーのほかオブジェも展示

  • 0

  •  

 松本のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、アクセサリーデザイナー・小松美穂さんの個展「クリスマスのアクセサリー」が開かれている。

グリーンを使ったパネルも

 「accessory imo(アクセサリー イモ)」の名前でアクセサリーを制作する小松さん。昨年に続き6回目となる同展では、ピアスやイヤリング、ブレスレット、ネックレスなどのアクセサリーを中心に約180点を展示する。

[広告]

 アクセサリーは天然石やパールを用いた小ぶりのものや、真ちゅうのシンプルなもの、ビンテージパーツやレジンを使ったレトロテイストのものなど、多彩に展開する。真ちゅう製の鳥のオブジェは「何かオブジェを作りたいと思って挑戦した」という作品。シンプルな直線ながらも、どこか愛きょうを感じるたたずまいに仕上げた。

 同展に合わせて、オーナメントやリースなども制作。草花や実を使ったリースやパネル作品は、今年3月に伊那で開いた個展の際の植物のディスプレーに刺激を受けたという。「こんなふうに自由に表現できるんだ、という発見があった。好きなものを組み合わせて作っていくところは、アクセサリー制作の過程と通じるところもある」と小松さん。「個展の後、しばらく力が抜けたような状態になっていたが、『好きなものを作ろう』という気持ちでリセットができた」と笑顔を見せる。

 「使いやすさと買いやすさはいつも意識している。ちょっとおしゃれしたくなる季節でもあるので、お気に入りを見つけてもらえれば」と小松さん。「誰かへの贈り物にはもちろん、1年頑張った自分へのプレゼントにもぜひ」とも。

 価格は、ピアス=3,000円~、ブレスレット=3,500円~、リング=3,800円~、リース=1,500円~、オーナメント=1,800円~。営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3・第5月曜定休。12月29日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home